「PHPというプログラミング言語があることは知っているけど、どんなことができるの?」

Webに関わるお仕事をされていても、はっきり答えられない方もいるかもしれませんね。

「プログラマーとかエンジニアのためのスキルでしょ?」
「開発のことはよく分からないよ、…わかる人に任せておけばよくない?」

いえいえ、実はWeb業界でお仕事をされている方であれば知っておくだけでも役に立つ場面が多い言語なんですよ!
この記事ではPHPの基本知識や仕事に活かせる場面、学習の難易度やコツについてできるだけ分かりやすく解説していきます。

1.PHPとは

PHPとは?

PHPは「Personal Home Page」の略で、プログラミング言語の一種です。主にWebサイトの開設やWebアプリケーションの開発など、いわゆるWebプログラミングの領域で広く使われています。
PHPは多くの場合、HTMLと組み合わせて活用されます。まずはそれぞれの言語の特性と、組み合わせてできることについて確認していきましょう。

PHPとHTMLの違い

2つの言語それぞれの特性と違いをおさえましょう。

HTML

HTMLはWebサイト上に文字や画像などを表示する際に必要となるマークアップ言語です。
HTMLのソースコードのみでつくられたWebサイトは、いつ・どのような状況でアクセスしても表示が変わりません。このようにいつアクセスしても同じ内容が表示されるWebページを「静的なページ」といいます。

PHP

HTMLはマークアップ言語の一種ですが、PHPはプログラミング言語です。
PHPで書かれたプログラムがサーバー側で動くことで、HTMLで表示されているページに動的な処理を加えることができます。Webサイトに動きや変化をつけたり、情報が自動で更新されるようにしたり、表現のバリエーションを豊かにする言語と覚えてもいいでしょう。このようにアクセス時の状況などで表示される内容が変化するWebページを「動的なページ」といいます。

PHPとHTMLを組み合わせてできることの具体例

PHPでプログラムを書いてサイトに実装すると、例えば、以下のような動きや変化がつけられます。

  • 日付や時間の表示を自動で更新し、それに合わせて表示を変える
  • 新しい記事から順に自動で一覧化し、つねに最新の記事をトップに表示する
  • 問い合わせフォームでユーザーが入力した内容によって、確認画面の表示を変える

また、CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)の中でも普及率が高いと言われているWordPressはPHPを用いて構築されています。
PHPを身に付けると、WordPressを自力で、自由にカスタマイズできるというメリットもあります。

2.PHPは初心者でも学びやすい言語

他のプログラミング言語と比較して、PHPは次の特徴からプログラミング初心者にとって勉強もしやすいと言われています。理由は次の通りです。

開発環境の構築が比較的ラクだから

通常プログラミングの学習は、プログラミングを書いた通りに実行できる開発環境をパソコン内に準備するところから始まります。ローカル環境と言ったりもします。プログラミングに慣れていないとこの環境構築で挫折してしまうことも…。
その点PHPは言語自体も含めた開発に必要なツールを一括入手できる「XAMPP」というソフトウェアがあり、インストールすればすぐに学習を開始することができます。

厳密にルールに従わなくても動くことが多いから

プログラミング言語には、ソースコードの記述にルールがあります。ルールに厳密に従っていないとまったく動かないものもありますが、PHPは比較的ルールがゆるめの言語です。そのため、特に初心者にとっては動かしやすく、学習のモチベーションが維持しやすいという特徴があります。

勉強するための情報が豊富だから

PHPを愛用する技術者は世界中に多数います。そのためWeb上に情報が豊富で、書籍も多く出版されています。先ほど紹介した開発環境の構築方法やXAMPPの導入手順についても、Web上に詳しい解説記事が豊富にあります。

3.求人をもとに解説!PHPの知識・スキルが活かせる仕事

【初心者向け】PHPを学べるスクール・オンライン講座
現在ではほとんどの会社が自社でWebサイトを持っており、サーバー側で動いているプログラムの大半がPHPで書かれています。そのため、PHPを得意とするエンジニアには一定の需要があります。

またエンジニアはもちろん、サイトに関わるWebデザイナー、Webディレクター、WebマーケターにもPHPを理解していると役に立つ場面があります。
ここでは実際の企業ニーズが反映された求人情報をもとに、PHPの知識・スキルが活かせる場面について解説していきます。

Webエンジニア

サーバー側のエンジニア募集ではPHPを用いた実務経験が必須条件になっていることが多いです。
さらにフロントエンド(Webの画面)側のエンジニアやコーダーの募集でも、PHPへの理解や自分で開発してみた経験を歓迎条件にしている企業が多くあります。

PHPを使用するエンジニア求人を見てみる

Webデザイナー

WebデザイナーがPHPの学習を通じてプログラミングを理解すると、Web上で表現するデザインや機能の実装難易度がイメージしやすくなり、エンジニアとの協業がスムーズになります。
またWordPressのテーマをカスタマイズするといった場合にも、PHPの基本がわかっていると作業をイメージしやすくなります。

例えばある通信事業会社で運営しているECサイトのWebデザイナーの求人。
基本業務はページやバナー作成などのデザイン業務ですが、歓迎条件に「WordPressの構築経験」・PHPでの開発経験」が含まれています。

▼株式会社モバイル・プランニングの求人から抜粋
https://www.creativevillage.ne.jp/jobsearch/job_detail/346198498

おそらくWordPressで運用しているECサイトなのでしょう。業務内容をさらに読んでいくとサイト改善やディレクション、上流の戦略立案にも携われる可能性があると書いてあります。機能改修やリニューアルをすることになったとき、PHPがわかるとプロジェクトの中心メンバーとして頼られる存在になっていきそうです。

Webディレクター

WebディレクターにとってPHPでの開発スキルは必須ではありませんが、エンジニアや開発会社の作業を理解しコミュニケーションが円滑のとれるようになることがPHPを理解する一番のメリットです。特にWordPressで運用している自社サイトのディレクターは、学んでおいて損はないでしょう。

大手広告代理店のコーポレートサイト・社内イントラサイトの運用・更新の求人では、
歓迎条件にPHPの知識が含まれています。

▼大手広告代理店の求人から抜粋
https://www.creativevillage.ne.jp/jobsearch/job_detail/305599534

このような誰もが名前を知っているような大手企業の求人でも、PHPの知識が多数の他応募者と差をつける+αになることがあります。

Webマーケッター

WebマーケッターにとってもPHPでの開発スキルは必須ではありませんが、たとえばWordPressで構築されたサイトのSEO内部改善を行う場合にPHPの知識があると、エンジニアや開発会社との意思疎通がスムーズになります。

▼株式会社ウィル・ビーの求人から抜粋
https://www.creativevillage.ne.jp/jobsearch/job_detail/372420882

4.プログラミング初心者がPHPを学ぶステップ

はじめに)HTML/CSS/Java Scriptが未習得なら、そちらを先に学習する!

PHPを学ぶにあたって、HTMLの知識は必須です。
PHPで書いたプログラムは最終的にHTMLに変換されてweb上に表示されるからです。
もし両方ともまだ知識がなくどちらから手をつければ良いかわからない場合、HTMLから先に学びはじめると良いでしょう。

HTMLの記述方法についてはこちらでもご紹介しています。

また、HTMLを学習するなかで、CSSやJavaScriptといった言語にも触れるはずです。
CSSは「Cascading Style Sheets(カスケーディング・スタイル・シート)」の略で、Webサイトの見た目を整えるための言語です。JavaScriptはプログラミング言語の一種で、例えばアラートを表示するなど、さらに多彩な表現を可能とします。
HTML、CSS、JavaScriptを先に学んで身につけることで、よりPHPの機能を理解しやすくなるでしょう。

まずは簡単なアイデアで良いので、動くものを作ってみる

PHPの文法を覚えていきます。まずは、どんなに簡単な構造であって正しく実行できるものを作れるようにしていきましょう。複雑なアイデアを実行するプログラムにチャレンジするのはその後です。
「少し書いては動かし、動作を確認する」。楽しみながら繰り返していくことが上達とモチベーション維持のコツです。

慣れてきたら、記述の仕方にも気を配る

PHPを書くことに慣れてできることがざっくり把握できてきたら、徐々に記述方法にも注意を向けてみましょう。
PHPはプログラミング言語のなかでは比較的ルールが緩く、同じ処理でも複数の書き方が可能です。こうした点は学習のモチベーションを維持しやすいメリットになる一方、可読性や保守性が下がるといったデメリットにもなりえます。また、もしチームで開発をすることになったときに他の人が読みにくいプログラムともいえます。

5.PHP学習を助ける!オンラインスクール6選

PHPを学べるオンライン講座は様々なものがありますが、いくつかおすすめを紹介します。

TECH BOOST
TECH BOOST
TECH BOOSTでPHPを学ぶ魅力は、仕事で実際にPHPを使う場面を意識して、実践的な内容が学べることです。PHPのスキルを必要とする現場で、PHPのみで業務が完結することは逆に少なく、様々な周辺知識が必要となります。そうした内容を幅広く網羅しているのが、TECH BOOSTの魅力です。カリキュラムには、例えばHTML、CSS、Laravel(PHPフレームワーク)、SQL(データベース)、jQuery、Git/GitHub、オリジナル作品制作スキル、リーンキャンバスを用いたサービス企画力が含まれています。
>TECH BOOST

ヒューマンアカデミープログラミング講座
ヒューマンアカデミー
ヒューマンアカデミーでも、PHPを学ぶスクールがあります。ヒューマンアカデミーのスクールは、そのあとの就職活動の支援などが充実している点に定評があります。ヒューマンアカデミーは、PHPの他にもIT系の講座を多数用意しており、本人の希望に合わせた受講ができるようアドバイザーが支援してくれる点などが支持されています。
>ヒューマンアカデミー

Schoo
Schoo
Schooはプログラミングやデザインだけでなく、様々なスキルを扱うオンライン講座が多数そろっています。オンラインスクールとして国内最大級の規模を誇り、Schooが提供する動画講座のなかにPHPを扱ったものが複数存在しますので、より自分に合っている講座を選びやすいでしょう。
Schooは、オンライン講座による教育支援で高い実績があります。
ライブ講座では、チャットでリアルタイムに質問ができたりするため、自宅でも高いモチベーションをもって勉強することが可能です。
>Schoo

Udemy
Udemy
Udemyでは、多数のオンライン教材が提供されており、PHPを学べる動画教材もそろっています。自分のレベルに適した教材を選べば、書籍のみでの学習よりも高い効果が期待できるでしょう。
無料の講座も充実しているので、選択肢の一つには入れておきたいオンライン学習ツールです。
>Udemy

Code Camp
Code Camp
Code Campにも、オンラインでPHPが学べる講座が用意されています。
オンライン講座には珍しく、課題が出されるため課題に取り組み、その課題の提出までを行う必要があります。そのため、高いモチベーションを維持しながら、学習を続けることが可能です。
検索機能など、実務で役立つ実装技術が自宅学習で身につく点は大きな魅力といえます。
>Code Camp

TechAcademy
TechAcademy
TechAcademyもまた、オンラインでPHPを学べる講座が用意されています。
TechAcademyの提供するオンライン講座の特徴は、短いものならわずか4週間程度で完結するものがある点です。
仕事をしていて忙しい人や、独学ではなかなか続かないといった人のニーズにマッチしていることもあり、支持されています。
>TechAcademy

確実にPHPを身につけよう

プログラミングは、コツをつかんで初心者を脱出するまでの難易度が特に高い分野です。そのため、数をこなしてまずはプログラミングに慣れることが大切です。

Webサイトの構築やWebアプリケーションの開発で使えるプログラミング言語は、PHPの他にも様々なものがあります。PHPの特性に理解が深まった頃には、さらに別のプログラミング言語を学習してみると良いでしょう。

【無料】就業支援サービス

クリエイティブ業界に精通したエージェントが、お一人おひとりの転職活動をきめ細かくフォロー。
会員にご登録いただくことで、社員や派遣から請負まで、さまざまな雇用形態の案件から最適な求人をご紹介します。
無料の就業支援サービスをご希望の方はこちら