40代クリエイターの転職では、人事や企業が人材に向ける期待や懸念点が若手に対するものとは異なります。そのため、企業ニーズに合うスキルや経験を持ち、懸念を払拭できれば40代でも転職は可能です。

ここで、40代クリエイターの評価ポイントや、転職に失敗しやすい人の特徴を紹介します。
また、転職活動に入る前に、やっておくべき事前準備についても確認しておきましょう。
40代クリエイターとして納得の転職を成功させるために、ぜひ参考にしてください。

40代クリエイターでも転職できる?

40代でも転職できる?

40代になると、転職すること自体が可能かどうかを気にする人も多いでしょう。
確かに、転職市場全体を見れば40歳以上を対象とする求人案件は少なくなりますが、40代ならではの強みを活かすことができれば、転職は可能です。

また、企業が中高年の人材に求めるものは即戦力です。若手と比べると将来的に活躍できる期間が短い人材に、一から教育・指導する余力のある会社は少ないでしょう。
そのため、40代クリエイターには幅広い技術や知識、人を動かすコミュニケーションやマネジメントスキルを備えていることが期待されます。
もちろん技術的な専門知識だけでなく、他分野・他業界の知識や経験も強みとなるでしょう。

企業は何を見ている?40代クリエイターの評価ポイント

企業は何を見ている?40代クリエイターの評価ポイント

では、40代のクリエイターを採用しようとするとき、企業はどのようなところを見るのでしょうか。
企業の評価ポイントを確認しましょう。

スキル・知識

スキルや知識が若手人材と同等であれば、若手が採用される確率が高いですが、自分が持っているスキルや知識の掛け合わせで優位に立つことができます。
なかでも特に〇〇に精通し、□□もできるというマルチな対応力のある人材のニーズは高いです。人によって組み合わせが異なるため、ニーズが一致する人材は企業にとって貴重な戦力となります。
このような人材は、いくつになっても市場価値が高いでしょう。

実績・センス

クリエイターを採用する企業は、候補者のスキルレベルやセンスを見たいと思っているため、過去の実績などで自分の力量や能力を伝える必要があります。

そこでもっとも説得力があるのは、ポートフォリオを提出することです。
言葉で説明するより効果的に伝えることができますので、応募に備えて自分のスキルレベルやセンスが明確にわかるような制作物を用意しておきましょう。

また面接時においては、提出したポートフォリオについて質問や説明が求められることがあります。
そのため、あらかじめ質問されそうなポイントやどういった背景で作ったものかを頭の中で明確にしておけば、とっさの質問にも応えることができます。
この点は、コミュニケーション力やプレゼン力が試される場面でもあるので、準備しておいて損することはありません。

マネジメント・リーダー経験

クリエイティブの仕事の多くはチームで進められるため、技術面以外の役割を担う人材も必要となります。例えば、チームメンバーを動かし業務進行を管理できる人、営業・交渉やヒアリングなどクライアントと折衝できる人などです。

いずれも、うまくやるには経験の厚さや知見の広さが必要ですが、40代のクリエイターであれば、これらのスキルや経験があるという期待値が若手より高くなります。
特定のポジションでなくても、チームを率いた経験やクライアントに直接関わった経験があれば、積極的にアピールしましょう。

資格

資格はクリエイティブ関連の資格でなくても、専門知識やスキルが有効になることがあります。例えば、法律系、医療系、経理分野などがこれに該当します。
クリエイターの仕事では、あらゆる分野の内容を手掛けるため、プラスの専門知識を持つ人材は重宝されます。

転職に失敗しやすい40代クリエイターの特徴

ここまで、実績やスキルがあれば40代クリエイターの転職も不可能ではないとお伝えしてきましたが、実績やスキルが十分であっても不採用になることがあります。
どのような点が問題となるのか、以下の3つのポイントをチェックしておきましょう。

過去の実績やスキルを一方的に話す

実績やスキルは提示すべきですが、面接でそれらを一方的に話しても、面接官の印象はよくありません。
自分基準で話すと、すでに経歴書やポートフォリオで伝えている内容に終始しやすいので、面接官が面接で聞きたいと思う情報ではない可能性が高いのです。

特に、40代はマネジメント能力が期待される年代ですので、若いメンバーとうまくやっていけるかが懸念され、必要となるコミュニケーション能力が面接で測られます。
そのため、面接では面接官との対話を重視し、面接官が聞きたいこと(質問)に答えることに注力しましょう。
端的に回答すれば、コミュニケーション能力のアピールにもなります。

アピールポイントと希望職種がマッチしない

40代は経験も実績の数も多いと考えられますが、よく見受けられるのが間違ったアピールの仕方です。どれだけ高度な経験・実績・知識・スキルが豊富でも、応募企業の職種で求められるものと一致していなければ、アピールにはなりません。

応募企業が求める能力は何か、希望職種に必要なスキルは何か、その答えに一致するものだけを厳選して伝えていく必要があります。
そうすることで、確実に伝わる有効なアピールとなります。

応募書類がそろっていない

クリエイター職への応募にあたり、ポートフォリオに注力することは大事ですが、応募時に必要な提出物はポートフォリオだけではありません。
ポートフォリオを見てもらえば情報は十分と勝手に判断して、企業から求められた必要書類の準備・提出を抜かす人がいます。
ポートフォリオ以外の求められた書類がない場合、基本的に内容を見る前に不採用となるケースが多いです。もったいない結果となってしまわないよう、募集要項に書かれた項目は抜け漏れなく提出しましょう。

40代クリエイターが転職前に準備しておくこと

40代クリエイターが転職前に準備しておくこと

40代クリエイターの転職では、自分に何ができて、何をやりたいのかを明確に把握しておくことが重要です。そのために何をすればいいのか、以下の4つのポイントを押さえていきましょう。

自己分析で自分の強みを見つけておく

これまでの経験から自分ができることを洗い出し、成果や評価の高いアウトプットの傾向を見て、強みを見つけておきましょう。
これは、企業選択の基準として、自分の強みを活かせるかどうかを見る必要があるからです。

企業のニーズと自分の強みが一致すれば、採用される可能性は高くなります。
転職後も強みを活かすことができれば、充実感の高い仕事で活躍・貢献でき、企業と自分の双方にとってプラスをもたらす転職が実現できるのです。

業界研究・企業分析を徹底的に行う

転職活動においては、自分ができることと企業が求めていることの一致が大事ですし、自分がやりたいことと企業の特徴の一致も見る必要があります。
それを見極めるために、業界や企業のことを詳しく研究・分析しましょう。

一致するポイントはアピール要素にもなり、情報は面接での応答にも役立つはずです。
企業の経営や事業の状況、制作物の質、希望する職種の企業内での重要度、業界全体のトレンドや動向などを確認しましょう。
企業のビジョンや方針に共感できるかどうかも、仕事の満足感や活躍度に影響します。

自己PR・志望動機・転職理由・入社意欲などをまとめておく

自己PRや志望動機、転職理由などは応募書類にも記載しますし、面接でも聞かれますので、しっかりまとめておくことをおすすめします。

これらは応募企業によって微妙に内容が変化するものですので、企業が重視していることや自分との共通点をしっかり反映させ、企業にとって魅力的なものに仕上げておきましょう。その精度が高いほど、入社意欲も伝わるはずです。

ポートフォリオの完成度を高める

ポートフォリオは、自分のベストパフォーマンスの作品を提示することが大事です。
例えばWeb関連であれば、オンラインでの閲覧用と紙媒体の両方を用意しておくとよいでしょう。

企業が求めているスキルや能力をポートフォリオで明確に表現することがポイントですので、ブラッシュアップを重ねて、完成度を高めておきましょう。

40代クリエイター転職は企業の期待にそってアピールする

40代クリエイターには職種への適性とともに、マネジメント経験が求められる傾向がありますので、面接での対話でコミュニケーション能力を見せることも大事です。
また、企業の期待と自分の強みを結びつけてアピールするために、アピール要素が明確に見えるポートフォリオや必要書類の提出も忘れてはいけません。

転職活動前にやっておくべきことはたくさんありますが、きちんと準備して納得のいく転職を実現させましょう。