SNS時代が到来してから、話題となっている「インフルエンサー」。SNSを活用しているユーザーに多大なる影響力を持つといわれていますが、どのようにしてインフルエンサーとして活躍していくことができるようになるのでしょうか?

そこで今回は、インフルエンサーについて解説しつつ、有名になるための方法について解説していきます。これからインフルエンサーを目指そうと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

「インフルエンサー」とはどんな職業?

近年話題となっているインフルエンサーですが、そもそもどういった職業かをご存じでしょうか?これから目指すにあたって、まずは基本的な仕事内容などを理解しておく必要があります。

まずはインフルエンサーについて、詳しい内容を見ていきましょう。

そもそもインフルエンサーとは

インフルエンサーとは、1つの行動を起こすだけで世間に対する大きな影響を与える人物のことを表します。これまで、InstagramやTwitter、YouTubeなどを活用していくことで、多くのインフルエンサーが生まれてきました。

たとえば、インフルエンサーがおすすめする商品をSNS上で紹介すると、多くのユーザーへ宣伝することができ、購買につながりやすくなります。こういった効果を期待している企業は数多く存在し、インフルエンサーを活用した広告宣伝を行うようになってきているのです。ちなみにこのような宣伝方法を、インフルエンサー・マーケティングといいます。

インフルエンサーの仕事内容

インフルエンサーは世間に大きな影響を与えるため、その影響力を利用した宣伝をしていくことが主な仕事内容です。

宣伝方法はインフルエンサーが利用する媒体によって異なりますが、たとえばInstagramのインフルエンサー(インスタグラマー)として活動している場合、クライアントから宣伝依頼される商品の写真と紹介文を投稿して宣伝します。インフルエンサーの投稿内容は多くのユーザーが見るため、写真1枚だけでも多くの宣伝効果を生みだすのです。

また、クライアントの商品紹介を行うだけでなく、自分の投稿内容を見てくれるファンを増やすために、日々のSNS更新を行うことも仕事の1つといえるでしょう。

なぜインフルエンサーは稼げるのか

なぜインフルエンサーは稼げるのか

なぜインフルエンサーは、多くのお金を稼げるようになるのでしょうか?

ここではインフルエンサーの収入源がどうなっているのか、どれぐらい稼げるのかについて説明していきます。

稼げる理由は広告収入

先述の通り、インフルエンサーは多くの読者やフォロワーに対して、企業の商品などを紹介していくことで広告収入を得ています。

これは、「商品が売れた場合に、売り上げの数%が収入として受け取れる」という形ではなく、商品紹介を掲載・投稿するだけで企業からの報酬を得られるものです。そのため、効率よく稼ぐことが可能となります。

インフルエンサーの収入はいくら?

インフルエンサーは、フォロワー数によって以下のように段階が分けられており、この段階に合わせて企業の報酬が設定されていることが多いです。

  • ナノインフルエンサー…フォロワー数が2千人~1万人
  • マイクロインフルエンサー…フォロワー数が1万人以上
  • ミドルインフルエンサー…フォロワー数が10万人以上
  • トップインフルエンサー…フォロワー数が100万人以上

ただ、インフルエンサーとは「大きな影響力を持つ人」を指すため、芸能人はもちろん、各種SNSや動画投稿サイトなどを活用している人など、さまざまな人が該当するものです。そのため、収入面に関しても幅広く、月収数千万円を稼ぐ人から月収0円という人もいるのが現実です。

インフルエンサーになるためには、まずはジャンルを決めよう

インフルエンサーにはさまざまなジャンルがあり、情報発信の仕方も変化してきます。ジャンルごとに特徴もあるため、インフルエンサーを目指すなら自分に合ったジャンルを選ぶことが先決です。

それでは、インフルエンサーにはどういったジャンルがあるのか、ジャンルを決める際のポイントなどとあわせて見ていきましょう。

まずはジャンルを把握しよう

インフルエンサーのジャンルは、旅行系、ファッション系、美容系、料理系、動画系というように大きく分けることができますが、どういった媒体を活用するかで読者やフォロワー層も変わってきます。

また、主な媒体として、以下のものがあげられます。

FacebookやLINEなどでも、グループやブログを作ることができるため、配信方法次第でインフルエンサーを目指すこともできます。まずはそれぞれのジャンルを理解し、特徴を把握していきましょう。

ジャンルを決める際のポイント

ジャンルを決める際、自分が好きなこと・熱中できることなどから選択する、ということが最も大切です。ただし、インフルエンサーとして成功するためには、多くのフォロワーを獲得しなければならないので、ありきたりなものではなかなか難しいかもしれません。

すでに多くのインフルエンサーが活躍しているジャンルでも、見せ方や表現に個性を出してみたり、自分が好きなことを軸に独自のジャンルをつくってみたりするとよいでしょう。

ジャンルを決めたら、SNSのアカウントをつくって投稿しはじめることとなりますが、ただやみくもに投稿していてもあまり効果はありません。インフルエンサーを目指すなら、オリジナル性あふれるものを投稿していく必要があります。
それぞれのジャンルに合わせて戦略を立てていき、計画的な配信活動をしていくことが重要です。

人気インフルエンサーになるにはここがポイント

人気インフルエンサーになるにはここがポイント

インフルエンサーとはいえ、数万人のユーザーにフォローされている人もいれば、数百万人にフォローされている人もいます。
フォロワーが数百万人ともなると、世間に与える影響が圧倒的に大きいといえますが、どのような発信を続ければ人気インフルエンサーとなることができるのでしょうか?

ここでは、人気インフルエンサーになるためのポイントを紹介していきます。

ポイント1.プロフィールを充実させる

世間から認知されるためには、まずプロフィールをしっかりと作り込み、普段はどのようなことをしているのかを伝えていくことが必要です。充実したプロフィールを見ることで、ユーザーは興味を示し、フォローへと繋げることができます。

プロフィールの基本として、名前は覚えやすいニックネームを使用し、他で使っているSNS媒体の情報なども載せておきましょう。
仕事の依頼が来てもいいように連絡先を記載しておけば、なお良しです。

ポイント2.毎日投稿する

周りから注目されるようになるまでは、できるだけ毎日投稿を続けていくようにしましょう。人気のインフルエンサーは常に投稿を続けており、世間に対して役立つ情報を届けています。

最初は慣れるまでに時間がかかるかもしれませんが、毎日続けることによって習慣化していくものです。毎日投稿するのが当たり前という状態にして、インフルエンサーになったときでも高い頻度で投稿できるようにしておきましょう。

ポイント3.投稿する時間帯を決める

フォロワーを増やすためには、どの時間帯の投稿が一番見られているかを把握し、投稿する時間帯を決めておくとよいでしょう。
たとえば、朝の4時に投稿しても寝ている人が多いため、すぐに見てもらうことができませんが、夜の20時など仕事が終わって家でくつろいでいるような時間帯は、投稿を見るユーザーが圧倒的に多くなります。

毎日投稿する時間が決まっていれば、「この人はこの時間に投稿する」という認識をされ、「通勤時にはこの人の投稿を見よう」というような固定のフォロワーがつきやすくなるでしょう。

これからインフルエンサーになるのも夢ではない

現在では多種多様なインフルエンサーが存在し、さまざまな媒体で活躍しているため、インフルエンサーになるのは難しいと思われています。
しかし、自分の持ち味を活かして活動を続けていけば、これからでもインフルエンサーなれる可能性は十分にあります。

インフルエンサーになるには、ブログを書く、写真を撮る、動画を作るなどさまざまな方法がありますが、いずれにしても常に最高のコンテンツを作ることを意識していきましょう。