本日12月14日(金)から16日(日)の3日間、東京流通センターにて“見て・触れて・買える”日本最大級の文具の祭典「文具女子博」が開催されます。
昨年の第一回「文具女子博」では、延べ25,000人の来場者があり、女性のお客様を中心に大賑わいを見せました。今年は昨年を上回る質と量で全国の文具女子の皆さんをお迎えします。

CREATIVE VILLAGE編集部では前日に開催された内覧会に潜入。今年の「文具女子博」の見どころと、編集部員の選ぶクリエイターにおすすめの出展メーカーをご紹介します!

「文具女子博」今年の見どころ

  1. 会場の広さが2倍!
  2. 会場が広いのでのびのびとショッピングができる!ただし、会場内で迷わないように注意⚠

  3. 取り扱いアイテムも2倍!
  4. 昨年の1.5倍にあたる123社が出展し、商品ラインナップは2倍の約50,000点にパワーアップ!

  5. 限定アイテムも…!
  6. 各メーカーが文具女子博でしか買えない限定アイテムを用意!
    数量限定商品もあるので、お買い求めはお早めに。

クリエイターにおすすめの出展メーカー

1.“筆記具”部門

COPIC

一面に並べられたコピックスケッチが圧巻のCOPICブース。
文具女子博では、お好みの『コピックチャオ』3本と『マルチライナー』1本をチョイスして、オリジナルセットをつくることができます。兎村彩野さん描き下ろしイラスト見本付きなので、COPIC初心者の方にもおすすめです。

限定セット 自分色を3色選んで作る MY COLOR COPIC SET
好みのコピックチャオ3本と、マルチライナー1本をチョイスして、オリジナルセット作りましょう。兎村彩野さん描き下ろしシンプルイラストレシピ付きの限定ポーチに入るスペシャルセットです!
参加料:1,800円(税抜)

株式会社呉竹

昨年も好評だった「オリジナル蛍光筆ペン作り体験」が今年も登場! 真っ白だったペン先へ徐々にインクが行きわたり、奥底から色づいていく様子は目が離せません。
また、キャップとボディ、インクの色を自由に組み合わせて自分だけのレターペンをつくることもできます。

好きな色の組み合わせでつくるツインペン作り
6色のインクの中からお好きな2色を選んでオリジナルツインペンが作れます。ボディノドット柄には1つだけ♡が隠れていますので見つけてみてください!
参加料:200円(税込)

“ペーパーステーショナリー”部門

A FLOATING LIFE

プランナー、メモパッド、メッセージカードなど、ペーパーステーショナリーに強みを持つメーカー。
文具女子博では、スケジュール管理を助け、仕事を円滑に進めるサポートをしてくれるプランナーを多くラインナップしています。
タスク管理が苦手な方や、毎日のタイムスケジュールをしっかり管理したい方などにおすすめです!

デイリープランナー
仕事・勉強・育児・プライベートなど、ライフスタイルに合わせて自由に使えるオシャレなプランナー。

コクヨ株式会社

可愛いオフィス文具を多数手がけるコクヨで筆者が注目したのは、キャンパスの罫線ノートです。「文具女子博」でしか買えない限定デザインは表紙に特別な加工が施され、ざらざらとした触感がクセになります。
また、キャンパスドット入り罫線ノート10周年を記念して、ノート10冊が入る限定「保缶」も販売中。年末の大掃除の時期に書き溜めたアイディアノートをまとめてみてもよいかもしれませんね。

キャンパスドット入り罫線ノート
価格:200円(税抜)

“画材用紙”部門

マルマン株式会社

2018年にスケッチブック生産60周年を迎え、アニバーサリー商品を多数販売しているマルマン。
「図案シリーズ」と題したスケッチブックでは、鉛筆のuniやスーパーカブとコラボした限定デザインのスケッチブックを販売しています。
コミックマーケット95も近づく今日この頃、ぜひ手に入れておきたい一品です!

図案スケッチブック B6 60th限定商品 スーパーカブ コラボレーション
図案スケッチブックと同じく60周年を迎えるホンダ「スーパーカブ」とのコラボレーションスケッチブックです。
価格:360円(税抜)

日本理化学工業株式会社

創業82年目を迎える実力派メーカーの主力商品は、どこでも手軽に使える黒板。
小さな黒板消しは携帯・スマートフォンの画面を拭くのにも最適です。
テープ黒板はどこでも簡単に黒板に変えることができるので、ちょっとしたアイディアを描き込むのにもオススメ。書いたり消したり自由自在で、用が済んだらごみ箱にポイッ!

ノート黒板(A4)
一見普通のノートのように見えますが、木でできたノートをひらくと中面が黒板になっています。ノートのように書き留めたり、開いて置いても安定感があります。
価格:650円(税抜)

“その他“部門

株式会社バックストリートファクトリー

レーザー加工と糊加工の技術で独自のブランドを築く、東京の下町に拠点を構えるメーカー。
千代和紙という和柄を切り抜きした折り紙は1時間に40枚しか作ることができない貴重な品物です。会場限定でセット販売も行っていますので、是非お手に取ってご覧ください!

千代和紙
お好みの千代和紙3枚をセットで販売。
価格:1,000円(税抜)

シヤチハタ株式会社

印章・事務用品メーカーのシヤチハタは、大人気漫画家・花村えい子先生の文具シリーズを特別販売。
また、花村えい子先生のデザインしたイラストの重ね捺しスタンプは、思わず「おぉ!」と口をついてしまうほどの完成度の高さです。
お仕事をもっと捗らせるスタンプの数々、ぜひお手に取ってお確かめください!

シヤチハタチーク
ステーショナリーコスメを手がけるクレアモード(株)とシヤチハタがコラボしたチークが登場!程よく上手にチークを乗せられるので、誰でも簡単に可愛くなれちゃうかも?
価格:1,450円 ※文具女子博限定価格

見逃し厳禁!文具女子博を120%楽しもう!

デコレーションブース

『富士フイルム チェキ体験ブース』でプリントしたチェキや、マスキングテープ・シールなどでデコレーションしたペーパーオーナメントでクリスマスツリーをデコレーション!
「文具女子博」に訪れた記念に是非お立ち寄りください!
※オーナメント・台紙が無くなり次第終了

文具女子アワード

文具女子が選ぶ、文具女子のための文具対象が今年も開催!「今日は何を買おうかしら…?」とお悩みの方は、まずここで各メーカーの商品を見比べてみても良いかも?
当日会場で投票していただいた方には先着でオリジナルシールを、また、受賞商品に投票した方には抽選で受賞商品を後日プレゼント!
あなたの一票が文具女子アワードを決定します!

「文具女子博」の詳細はこちら

開催日時 2018年12月14日(金)~16日(日) 10:00~17:00<最終入場16:00>
※16日(日)は、16:00閉幕<最終入場15:00>
会場 東京流通センター 第二展示場 Eホール・Fホール
(住所:東京都大田区平和島6-1-1)
入場料 500円 ※小学生以下無料、男性もご入場いただけます
主催 文具女子博実行委員会(企画・運営:日本出版販売株式会社)
公式サイト https://bungujoshi.com/
SNS Twitter  https://twitter.com/bungujoshi
Instagram https://www.instagram.com/bungujoshi/

CREATIVE VILLAGE編集部