「ヒット映画の編集室では何が起きていたのか?」

玄光社から2018年8月に発売された書籍『映像編集者のリアル』を3名様にプレゼントします!

映画監督やカメラマンのインタビューは様々なメディアで目にするものの、映像編集者の声を見聞きする機会はあまりありません。本書はそんな現状から着想を得て、スタートした企画です。最近はWEB動画をはじめ、映像コンテンツが氾濫し、プロのみならずアマチュアを含め、様々な立ち位置の人々が映像編集を行なっています。手探りや感覚で編集する人々も多いなか、本職のプロはどのように撮影素材と向き合い、映像を紡ぎあげていくのか。本書では、第一線で活躍する話題の映画の映像編集者7人にインタビューを行いました。

編集ソフトの解説や実践的な編集のテクニックを解説するものではありません。プロの映像編集者にはどんな人がいて、どんな個性を持っていて、自分の中でどんな基準を持って編集に臨んでいるのか、それぞれの映像編集者の編集に対する向き合い方、考え方を紹介していきます。

本書は映像機材の専門誌・月刊ビデオSALONにて2017年9月号~2018年10月号の連載をまとめたものですが、単行本のオリジナルコンテンツとして『モテキ』や『バクマン』などの映画やテレビドラマの監督として人気の大根仁さんと『バクマン。』で日本アカデミー賞・最優秀編集賞を受賞した大関泰幸さんによる対談を収録。

本の内容

巻頭対談 監督と映像編集者の関係
・大根 仁(監督)×大関泰幸(編集者)
インタビュー ・大関泰幸 /『バクマン。』『SUNNY強い気持ち強い愛』編集
・今井大介 /『ラブライブ!』『武曲 MUKOKU』編集
・佐藤敦紀 /『ガルム・ウォーズ』『シン・ゴジラ』編集
・加藤ひとみ/『凶悪』『幼な子われらに生まれ』編集
・伊藤潤一 /『愛のむきだし』『冷たい熱帯魚』編集
・日下部元孝/『青い春』『桐島、部活やめるってよ』編集
・穗垣順之助/『ちはやふる』『坂道のアポロン』『電車男』編集
その他 ・ベテラン編集者12人にアンケート
・編集のタイムライン見せてください
詳細 http://www.genkosha.co.jp/gmook/?p=17079

応募締切

2018年9月30日(日)18:00まで

下記お申込みフォームからご応募いただいた方の中から抽選で3名様にプレゼントいたします。
当選発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます。応募者多数の場合は抽選となります。


応募は締め切りました。