サンシャイン水族館は、8月20日(月)~11月末までの期間限定で、AI図鑑アプリ「LINNÉ LENS(リンネレンズ)」の無料体験キャンペーンを実施します。

AI図鑑アプリ「LINNÉ LENS(リンネレンズ)」とは、8月13日(月)にLinne株式会社からリリースされたアプリ。このアプリを利用すると、カメラをかざすだけで瞬時に生き物の名前がわかり、撮影した写真が登録され、解説を見ることができるという。記録された写真で世界にひとつだけのオリジナル図鑑をつくることができるアプリです。

キャンペーン第一弾として、日本の水族館にいる生き物の約9割(約4,000種)に対応。魚類を中心に、哺乳類(アシカ)、鳥類(ペンギン)、両生類(カエル)、爬虫類(トカゲ)、甲殻類(エビ・カニ)、軟体動物(イカ・タコ)、刺胞動物(クラゲ)など幅広く認識できます。

今回、行われるキャンペーンでは、サンシャイン水族館内で「LINNÉ LENS」の位置情報サービスをONにすることで、通常のお試し無料(1日10種まで)を超えて、認識できるすべての展示種の認識・記録を無料で行えます。また、水族館飼育スタッフだからこそ知る習性や観察ポイントとなる豆知識などが満載のサンシャイン水族館オリジナル解説も主要な展示生物も見ることができるそう。子どもの自由研究にも役立つかもしれませんね。

水族館や動物園ごとにオリジナルの解説も表示させるということで、今後、さまざまな園館で利用できるようになると、動物への理解が一層深まるきっかけとなりそうです。画像認識の技術を活用したこのアプリ、現時点では認識困難な生き物も一部含まれているとのことですので、今後のアップデートにも期待が高まります。夏休み最後のお出かけに、是非、このアプリと一緒に海の世界を体験してみてはいかがでしょうか?

LINNÉ LENSの特徴

1. かざすだけ、4,000種の生きものの名前をAIが瞬時にサーチ。
2. 国内の水族館にいる生きものの9割に対応。
3. あなたの写真と充実の解説で、世界に一つだけの図鑑が作れます。
4. オフラインでもOK。電波の届かない水中や山奥でも使えます。
対応OS/Device:iOS 11.2以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。(Androidは対応準備中)
対応言語:日本語、英語
注意事項:生き物の認識精度には差があり、現時点では認識困難な生き物も一部含まれています。
https://lens.linne.ai/

サンシャイン水族館 概要

所在地:東京都豊島区東池袋3-1 サンシャインシティ ワールドインポートマートビル・屋上
営業時間:9:00~21:00(~9月2日)、10:00~21:00(9月3日~9月24日)、10:00~18:00(9月25日~2019年3月20日)※最終入場は終了1時間前 ※変更の場合あり
入場料金:大人(高校生以上)2,200円、こども(小・中学生)1,200円、幼児(4才以上)700円
問合せ先:サンシャイン水族館 03-3989-3466  
http://www.sunshinecity.co.jp

CREATIVE VILLAGE編集部