クリエイティブ業界の注目情報や求人情報などを発信する、クリエイターのための総合情報サイトです。

『カイエ・デュ・シネマ週間』アンスティチュ・フランセにて4月1日より開催

2018/04/03

アンスティチュ・フランセ東京(市ヶ谷)で2018年4月1日(日)より4月15日(日)まで、映画特集『第21 回カイエ・デュ・シネマ週間』が開催されています。

『カイエ・デュ・シネマ週間』では、毎年、アンスティチュ・フランセ日本とフランスの伝説的映画雑誌「カイエ・デュ・シネマ」誌が提携し、現在の映画を語るべく、選りすぐった作品をご紹介しています。

21回目を迎える今回は、同雑誌のNY特派員ニコラ・エリオットを迎え、フィリップ・ガレルやクレール・ドゥニ、アルノー・デプレシャンらの最新作のほか、特別ゲストとして迎えるダミアン・マイヴェルなど、新しい世代の監督たちの作品、そして昨年話題となったアメリカのインディペンデント映画を特集します。

クロージングには昨年のカンヌ国際映画祭でカメラドール(新人賞)を受賞した『若い女(原題)』を先行特別上映し、「日本の娯楽映画の近年の最高峰」(黒沢清)と高く評価を得て、ロングランヒット中の『勝手にふるえてろ』の大九明子監督を迎えたトークショーを予定しています。
ヌーヴェルヴァーグの映画作家たちが始めた「カイエ・デュ・シネマ」誌とともに、映画を見て、語り合い、映画批評が作品、作り手、観客を結ぶ重要な活動であることを本特集にて再確認します。(画像提供:アンスティチュ・フランセ東京)

開催概要

会期:2018年4月1日(日)~4月15日(日)
会場:アンスティチュ・フランセ東京 エスパス・イマージュ
※チケット販売時間は上映当日各回の1時間前から上映開始15分後まで。チケット販売時間内には、当日すべての回のチケットをご購入いただけます。全席自由。整理番号順での入場となります。
主催:アンスティチュ・フランセ日本 アンスティチュ・フランセパリ本部 アンスティチュ・フランセ日本映画プログラム オフィシャル・パートナー CNC、笹川日仏財団、TV5 MONDE
協力:カイエ・デュ・シネマ、Indie Tokyo、マーメイドフィルム
公式イベントページ:http://www.institutfrancais.jp/tokyo/events-manager/cinema1804010415/
※この企画は以下の都市にも巡回します。
• 京都 4月18日(水)会場:同志社大学寒梅館、4月21日(土)~4月27日(金)会場:京都シネマ
• 大阪 4月21日(土)~4月27日(金)会場:シネ・ヌーヴォ
• 横浜 5月26日(土)・6月30日(土)会場:東京藝術大学 横浜馬車道校舎

(CREATIVE VILLAGE編集部)