人事という職種にどんなイメージを持っているでしょうか?人事といえば、まず採用業務を思い浮かべる方が多いかもしれません。
しかし、実際のところは採用業務のほかにも、さまざまな業務を幅広く行っている部署なんです。

この記事では、人事の役割や業務内容などの基本的な情報はもちろん、人事の魅力や必要なスキルなどをわかりやすくまとめました。
仕事を通して得られることもご紹介しているので、人事の仕事についてしっかり理解して、キャリアプランの参考にしてみてください。

人事部はどんな役割を担っているの?

そもそも企業には、「キャッシュ」や「流通網」などそれぞれが保有する経営資源があります。
経営資源は一般的に「ヒト・モノ・カネ・情報」という4つの要素に分類されていますが、人事部はそのうちの「ヒト」について役割を担っている部署です。

人事と聞けば採用を思い浮かべる方も少なくないかもしれませんが、採用以外にも評価モデルの構築、運用から給与、賞与の管理、近年では国が推し進める働き方改革に因んで労働環境の改善や企画を行うと行ったことも人事の仕事に含まれます。

小規模な企業であれば、経営層(主に社長)が人事に関する業務を遂行しますが、一定の規模となると総務、大企業ともなれば専門の部門である人事部を設けるのが一般的です。

企業の規模や事業形態によって程度の違いはありますが、いずれにしても経営資源である「ヒト」を有効活用するため、ヒトを適切に配置し事業を継続できるようにすることが人事の目的です。

人事担当者はどんな仕事をするの?


人事担当者の具体的な仕事内容について、主なものを5つ見ていきましょう。

(1)採用業務

まず人事担当者の仕事としてイメージが強い採用業務についてです。
求職者からの応募受付、履歴書管理といったことはもちろん、人員を募集している部門との調整が主な業務となります。
自分の部門でない限りは、一次面接、二次面接の判断において人事部が直接的に採用に影響を与えることはあまりありませんが、人事部による面接を行う場合は、人事を取り扱うものとしての能力が必要な場面もあります。

社員の募集・採用を行いますが、正社員の採用のみを行い、非正規社員については各部門が担当するという場合もあります。

ほかにも、採用プロセスの最終段階のみ人事が担当して、それまでの初期段階については各部門で対応するなどさまざまなパターンがあります。

また、時代とともに採用のためにとられる手法も多様になっています。オリジナルイベントで人材を募集する企業もあるなど、ユニークな試みも。いずれの場合においても、人事部は社内におけるすべての採用について企画、管理を行います。

(2)人事企画業務

人事の仕事の中でも一番魅力のある仕事でかつ重要な仕事とも言えるのが人事企画です。
重要であるがゆえに求められる経験や知見は高いものを求められ、会社の心臓とも言えるヒトをどのように支え、動かしていくか、という点においては唯一無二の仕事であると言ってもいいでしょう。

人事企画業務の仕事は簡単に言えば、企業が掲げる経営目標に到達するために必要な、部門構成・人員配置・採用についての計画を作成します。
ただ単に部門の構成を考えたり、配置する人員を忙しそうだからと言う理由だけで人数を決めるのではなく、企業全体の損益計算で算出された予算をもとに、どのようにヒトを配置すれば会社にとって利益を見出せるか、という観点で企画を立てなければなりません。
特に人件費はどのような業態の会社であれ、一番大きなウエイトを占める要素であることから、会社の命運を左右する仕事と言っても差し支えないでしょう。

どうすれば社員1人1人の能力を最も発揮させられるかについて考え、そのための仕組みを作っていく重要な工程です。こちらの業務では、企業ごとの特徴が出やすいとされています。

(3)評価関連業務

評価関連業務では、社員への評価制度や、成果に対する報酬の制度などを作り上げていきます。
近年では評価制度と併せて等級制度という指標を設け、同じスタッフであっても等級の違いによって役割や権限に違いをもたせることがありますが、社内の序列を明確化することで組織を作るための重要な制度を作ることがあります。
働く従業員から見て評価は透明性の高いもの、公正なものを求められることが多々あるため、評価と報酬がきちんと関連していることが求められる業務です。

(4)教育・研修業務

社員の研修や教育を行うのも人事担当者の役目。入社前教育やマナー・スキルアップについての研修など、必要に応じて計画を立てます。
教育と聞くと新入社員の教育を思い浮かべる方も多いと思いますが、中堅社員のスキルアップ教育や、新たにマネジメント職に就く人のため教育など従業員のポジションに応じた研修計画を策定するのも人事部の役割であることが多分にあります。
また全社的に行うことが必要な情報セキュリティ研修、コンプライアンス研修なども時代の要請に基づいた内容のものも行うことがあります。
研修内容によっては外部会社に委託することもありますが、研修そのものの立案や実施までのコーディネートを人事担当者が行います。

(5)労務管理業務

企業内の労働時間管理や賃金管理のことを労務管理といいます。給与計算・福利厚生・社会保険手続きなどがメインの仕事。
データを多く扱う業務ですが、社員が安心して働ける環境作りのためにも大切な仕事といえるでしょう。

人事の年収

DODAがまとめた職種別平均年収ランキングによると、人事の年収は507万円です。

人事の平均年収参考:平均年収ランキング 最新版(167職種の平均年収/生涯賃金)|転職ならDODA(デューダ)https://doda.jp/guide/heikin/syokusyu/

一般的な事務・デスクワーク職と比較すると、50万円以上高い年収です。「ヒト」に関する幅広い業務を担当することが年収増加のポイントと言えそうです。

人事の仕事の魅力は何?難しい点は?


「ヒト」に幅広く関わる人事ですが、仕事のおもしろさ・やりがいはどういったところにあるのでしょうか?

人事部は、採用や昇給など社員のキャリアに影響が大きい業務に携わるため、おのずと社員個々との関わりも深くなります。それぞれの社員が持つ目標をサポートできる点は、やりがいにつながるでしょう。また、自身が採用した社員がキャリアアップして高く評価されている姿を見られるのは、人事ならでは。

採用業務などの対外的な仕事も多いので、明るく人と関わることが好きな方にとってはおもしろさを感じられる仕事です。

反対に、会社の全体的なことに深く関わる仕事のため、会社が目指す方向性や方針をきちんとわかっていないと判断が困難になってしまいます。そういったときには、人事業務の難しさを感じることがあるかもしれません。

また、経験が重要になる仕事のため、人事担当者として一人前になるまではある程度の期間がかかります。それまではコツコツと地道に業務経験を積み重ねていくことになるでしょう。

人事は未経験でもできる?必要なスキルは?


未経験でも採用してもらえるかどうかは、企業によって異なります。
必須とされる資格はありませんが、経営的な知識や各部署の仕事内容、会社の方針などを理解した幅広い知識が必要とされます。そのため、未経験の場合は人事アシスタントからスタートして経験を積むのが現実的といえそうです。

また、活かせる資格としては、社会保険労務士やキャリアコンサルタントなどが挙げられます。

人事の仕事を通して得られることは?

人事の仕事は多岐にわたるため、得られる経験も担当によって違いがでます。社内・社外を問わず人と関わることが多いので、コミュニケーション能力は高められるでしょう。労務管理業務に携わった場合は、データ管理のスキルが身につきます。年金や保険についての知識も得られるでしょう。

まとめ

人事の役割や、人事担当者の仕事についておわかりいただけたでしょうか?人事部は、採用業務や評価関連業務など、企業の全体的な運営にコミットします。自然と社員との関りも深くなるので、それぞれの目標達成に対して直接サポートができるなど、やりがいを感じられる仕事といえるでしょう。

また、対外的な仕事も多いためたくさんの人と出会うことができます。仕事を通して多くの人と関わりたい方にとって、人事はぴったりな仕事ではないでしょうか。

一方で、幅広い知識や経験が必要とされるために、未経験者にとっては慣れるまで困難に感じることもあるかもしれません。
しかし、人事部での経験を積めば、会社を全体的に見る広い視野を身に付けることもできます。コンサルタントなどの将来的なキャリアアップにつなげることも可能でしょう。

未経験でも応募可能な求人があるほか、人事アシスタントというポジションでの求人もあるため、人事の仕事に関心がある方はぜひ一度チャレンジしてください。

人事の仕事ご紹介一覧

CREATIVE JOBで掲載している人事関係のお仕事紹介例です。

【無料】就業支援サービスクリーク・アンド・リバー社就業支援サービス