絵を描くことが好き、美しいものが好きなど「デザイナーになりたい」理由は人それぞれです。デザイナーという仕事は一つにまとめて考えられがちですが、ありとあらゆるモノには「デザイン」が存在し、それだけデザイナーの種類もあります。

デザインするモノが異なると、デザイナーの仕事も任される範囲も違いがでてくるため、別の分野で活躍していくことになります。
今回はデザイナーの仕事について、その種類と仕事内容、活躍分野について見ていきましょう。

デザイン関連の仕事はどんなものがある?


デザイン関連の仕事をする職業には「デザイナー」という肩書が付くのが一般的ですが、デザイナー以外にも「アートディレクター」「CGクリエイター」などさまざまな仕事があります。

デザインの仕事をするうえでキャリアのベースとなることが多い「デザイナー」は、色や形・模様・フォント・レイアウトなどを工夫してモノを美しくしたり、親近感を醸成したり、機能的にするための仕事をします。

デザイナーとアーティストは似て非なるもの

デザイナーはセンスが問われるため、アーティストと混同されることもあります。ですが、アーティストはテーマに応じた「表現」をする職種です。一方デザイナーはクライアントの意向を反映し、商品を売る・使いやすくする・分かりやすくする「目的」のためにデザインを施す、商業的な要素が大きい職種です。

たとえ素晴らしいデザインをしたとしても、それが人に受け入れられず目的が達成されなければ、デザイナーとしての評価は下がってしまいます。デザイナーの仕事は、自分がデザインしたものが他人に受け入れられて評価される=対価を得る必要があるほか、問題解決の責任も担っています。

こんなにある!デザイナーの種類

有形無形問わず「モノ」にはデザインが施されています。HPなどをデザインするWebデザイナーや紙モノのデザインを行うグラフィックデザイナーを筆頭に、ファッションの分野では洋服をデザインする「ファッションデザイナー」が代表的です。

ゲームの分野ではゲームの中のキャラクターをデザインする「キャラクターデザイナー」や背景だけをデザインする「背景デザイナー」も存在します。
クルマをデザインする「カーデザイナー」、家電などの製品をデザインする「プロダクトデザイナー」など、さまざまなデザイナーの種類があります。最近では、モノではなく日々の生活を充実させるようなアドバイスを行う、「ライフスタイルデザイナー」なども浸透してきました。

デザインするものによってデザイナーの仕事内容も異なります。たとえばWebデザインの場合、パソコン/スマホなどさまざまなデバイスで見られることを想定してデザインします。コーディングやアニメーションの知識など、Web関連の技術的な要素も知っておく必要があるでしょう。

家電のようなプロダクトデザインの場合は、デザインする上でエンジニアや工場と打ち合わせを行い、量産が可能かどうか、機能とデザインが両立できるかなどについても同時に検討します。

Webデザイナーの仕事


Webサイトのデザインや企画構成、ユーザーが使いやすい画面構成かどうかを検討して画面の設計・デザインを行います。
デザイン性だけでなく、サイトの目的やターゲットに応じて、情報にたどり着きやすいか・使いやすいかといったユーザビリティの観点も必要です。Webデザイナーのなかには、ユーザビリティの設計に特化した「UI(ユーザーインターフェイス)デザイナー」という職種もありますが、最近ではWebデザイナーがUIデザインも行うケースが多くなっています。

Webデザイナーの活躍場所

もっとも代表的な活躍場所はWeb制作会社です。Web制作会社は、大きい規模の会社から数人規模の会社までありますが、さまざまな業種や商品、プロジェクトのWebサイト作成に携わることになります。また、企業によってはWebデザインを自社で行っているところもあり、一般企業のデザイナーや広報部で活躍するケースも少なくありません。実力がつけば、Webプロデューサー・デザイナーとしてフリーランスで活躍する人もいます。

グラフィックデザイナーの仕事


グラフィックデザイナーは、ポスターや新聞・雑誌・パンフレットなどのデザインを行います。複数の仕事を抱えながらスケジュール管理を行なうため、デザイン力はもちろんのこと、管理能力も求められます。

また、印刷物は一度世に出回ると簡単には修正できないため、誤植や間違いがないように正確性も求められます。
オープン性の高いWebデザインと比べ、グラフィックデザインの制作物は限定的なターゲットやエリアで使用されることが多いです。大変な面もありますが、媒体によってデザインの幅も広がるため、グラフィックデザインの仕事にデザインの面白さをより強く見出すデザイナーも多いようです。

グラフィックデザイナーの活躍場所

デザイン事務所やプロダクションのほか、広告代理店や出版社で活躍するデザイナーもいます。

それぞれの企業で経験を積み、実力や管理能力をつけた後はフリーランスデザイナーとて独立することも可能です。また、アートディレクターやプロデューサーへとキャリアアップをしていくチャンスもあります。

そのほかのデザイナーの仕事と活躍場所

ゲームデザイナー

ゲームデザイナーは、ゲームのキャラクターや背景、コアとなるアイテムなどゲームに登場するモノをデザインする仕事です。

ゲームの世界観をしっかりと理解したデザインワークが必要となるほか、CGを用いてゲームをデザインするため、プログラミングなどのスキルが必要になる場合もあります。一般的には専門学校などでゲームデザインについて学び、卒業後はゲームソフトやアプリ会社、玩具メーカーなどで活躍します。

ファッションデザイナー

洋服をデザインするファッションデザイナー。ファッションデザイナーには自分のブランドを持つ「オートクチュールデザイナー」と、企業に勤める「企業内デザイナー」の二つがあります。

多くの場合まず企業内デザイナーとして経験を積み、技術やセンスを磨いて独立して自分のブランドを持つといったキャリアを踏みます。服のデザインはパタンナーやテキスタイルデザイナーなど、多くのスタッフとチームとなって作り上げられていきます。そのためファッションセンスはもちろんですが、さまざまな専門知識やコミュニケーション能力が問われます。

インテリアデザイナー

家具やカーテン、什器など内装全般を監修して室内の演出を行います。インテリアの中でも家具のデザインを専門に行う「家具デザイナー」や、照明のデザインを専門に行う「照明デザイナー」などもあります。

インテリアデザイナーは個人宅だけではなく、ホテルやオフィス、美術館などあらゆる室内のインテリアを手がけます。活躍場所は建築業界やハウスメーカー、デザイン事務所など、フリーランスで活躍するインテリアデザイナーも多くいます。

プロダクトデザイナー

文房具や家電などの生活用品や、自動車などの輸送機器まで、あらゆる製品(プロダクト)のデザインを行い、「インダストリアルデザイナー」と呼ばれることもあります。製品のターゲットや特性、使いやすさや素材を検討し、機能とデザイン性を両立させたデザインが求められます。

活躍の場は自動車、家電などメーカーがメインとなるでしょう。ほかのデザインと比べ高度な専門知識が必要であるため給与や条件面では厚遇ですが、狭き門であるのが実情のようです。

テキスタイルデザイナー

服飾やインテリアなどのテキスタイル(生地)をデザインします。生地を作る糸やプリントの染色方法、糸の織り方などを企画・デザインする専門職で、主にアパレルメーカーや繊維メーカーで活躍します。

エディトリアルデザイナー

文章がメインで、ページ数が多い書籍や新聞、カタログなどをデザインするエディトリアルデザイナー。文字量が多いため、美しく読みやすくデザインすることが求められます。また、書籍において表紙だけをデザインする「ブックデザイナー」の存在も重要。ブックデザイナーのデザインによって、書籍の売り上げが左右されるとも言われています。主に出版社や印刷会社、編集プロダクションで活躍します。

CGデザイナー

「CG」とは、コンピューター・グラフィックスのことを指します。CGデザイナーはCGソフトを使用し、2次元や3次元のデザインを行います。最近ではアニメーションや映画などで良く使われているほか、建築や自動車などの設計関連業務でも良く活用されています。映画会社や映像プロダクション、メーカーなどが活躍の場となります。

キャラクターデザイナー

アニメや漫画のキャラクターを専門にデザインする、キャラクターデザイナー。オリジナルキャラクターをデザインしたり、原作からイメージしてキャラクターをデザインすることもあります。最近は日本のアニメや漫画は高い評価を得ており、日本でキャリアを積んだ後に海外で活躍するケースもあります。主にアニメ制作プロダクションやゲームソフトメーカーなどで活躍します。

まとめ

このように「デザイナー」と一口にいっても、Webからグラフィック、乗り物や日用品までさまざまな分野において専門デザイナーが活躍しています。また、フラワーデザイナーなど、ここに列挙しきれない分野のデザイナーも数多く存在しています。

デザインが必要な分野の数だけデザイナーの活躍フィールドもあるということになりますが、デザイナーを志すならまずは「何のデザインをしたいのか?」を考える必要があります。デザイナーはモノやサービスの問題をデザインで解決することが最重要課題です。そのため、デザインしたいモノが明確でないと良い結果を出すのは難しいかもしれません。

デザイナーの仕事はどの分野であれ、明確な形や答えがあるものではありません。その反面やりがいも大きく、自分の手がけた製品やサービスが世に出ていくという感慨深い仕事でもあります。まずは自分がどんなデザインを手がけたいのかを考えるところから、スタートしてみてはいかがでしょうか。