SNSの利用者は増加の一途をたどり、2017年は、インスタグラマーやユーチューバーといった、インフルエンサーと呼ばれる人たちが台頭した一年でもありました。中でも芸能人・有名人の方がひとたびSNSを始めると、その情報発信力の高さに驚く方も多いことでしょう。
エル・エム・ジーの子会社で、企業のSNSマーケティングをサポートする株式会社コムニコは、この度、SNSを活用してファンやフォロワーと“愛されるコミュニケーション”をしている有名人・芸能人を独自の視点で表彰する「2017 comnico SNS AWARD」を発表しました。
参照:ココがすごい!SNSをフル活用している芸能人・有名人を勝手に調査!

「2017 comnico SNS AWARD」に選ばれた芸能人・有名人一覧
【クリエイター・芸術部門】キングコング 西野 亮廣さん
【ハッピーライフ部門】アンガールズ 山根 良顕さん
【幸せハイテンション部門】仲 里依紗さん
【おしゃれカタログ部門】渡辺 直美さん
【センス爆発ビビッド部門】黒柳 徹子さん
【誰もまねできないゴージャス部門】叶姉妹さん
【なんでもあり部門】滝沢 カレンさん
【シュールで癖になる部門】山田 孝之さん
【面白センスが光る部門】ムロツヨシさん
【女子力バイブル部門】ゆうこすさん

投稿のお手本になる!あの人のこんなSNS

渡辺直美さん

圧倒的なフォロワー数を誇り、大流行したSnapchatをいち早く取り入れるなど、とにかく流行に敏感です。投稿している写真も映りがとても綺麗で、いわゆるインスタ映えする写真です。

渡辺直美さんはカメラにもこだわりが!

なんと、写真に対してはスマホ連動式のデジタルカメラを使用しているこだわりようなんです。スマートフォンと組み合わせて使うレンズ型カメラで、スマートフォンがモニターの代わりになるようです。

また、自身が出るドラマや番組の写真や、動画を少し切り取ったりして投稿し、Instagramを使って宣伝していることもあります。「動画の続きが気になる」と思わせるような投稿が本当に上手です。

キングコング 西野さん

絵本「えんとつ町のプペル」で作家としての才能が光る、キングコングの西野 亮廣氏(絵本作家としてのペンネームはひらがなで「にしのあきひろ」と表記されています)。

絵本を無料で公開したり、3~4日でビジネス書「革命のファンファーレ 現代のお金と広告」を書き上げるなど、活動そのものがメディアを問わず、常に話題を作り出す時の人となりましたね!

LINE公式ブログは、活動記録が日記のようにつづられており、一つ一つの発言が多くの共感を生み、SNS上でも多くシェアされていることがわかります。

黒柳徹子さん

2016年9月23日にInstagramを開設してから、約1年でフォロワー数が86万人になった黒柳徹子さんのInstagram。

開設したきっかけは、徹子の部屋に出演した歌手の福山雅治さんに自撮りの写真を見せたところ、「Instagramに投稿すれば人気が出る!」と言われたことがきっかけなんだとか。

とにかくファッションが素敵な黒柳徹子さん
魅力はなんといっても、色鮮やかな黒柳さんのファッションです。年齢を感じさせないファッションセンスで、いつも楽しませてくれます。

また、テレビでは見ることができないお茶目な一面もうかがえるような投稿も多く、コメント欄はいつも「こんな風に年齢を重ねたい」「キュートです」などの憧れの声などがたくさん寄せられています。

CREATIVE VILLAGE編集部