クリエイティブ業界の注目情報や求人情報などを発信する、クリエイターのための総合情報サイトです。

THE EUGENE Studio個展『1/2 Century later.』資生堂ギャラリーにて開催

2017/11/10

2017年11月21日(火)から12月24日(日)まで、銀座・資生堂ギャラリーにてTHE EUGENE Studio(ザ・ユージーン・スタジオ)の個展『1/2 Century later.』が開催されます。

THE EUGENE Studioは現代美術を中心に、従来の境界線を押し広げて次の社会を創造していく全く新しいアーティスト。現在、チームラボなどとともに世界が注目する日本のアーティストチームとして脚光を浴びており、その活動は、21世紀のアーティスト像を確立するものといって良いでしょう。

「2001年宇宙の旅」から50年経った現在、そして未来を表現

近未来を描いたスタンリー・キューブリックのSF小説「2001年宇宙の旅」が発表された“1968年”をモチーフとし、『1/2 Century later.』―つまり、「あれから半世紀(あるいはこれから半世紀)」を主題とした未発表のインスタレーションを展示。

THE EUGENE Studioはこれまで、過去の未来像に対比させ、現在の「私(たち)」が現実とのつながりの中で作り出すことのできる新しい鮮やかな未来像を思索してきました。展示会場では、「過去の物語で描かれた未来像の遺産」をモチーフとしたガラス張りの大型インスタレーションと、それを取り囲むように、次の未来を反映する作品群が立ち現れます。


彼らが描く未来は、バイオテクノロジーと農業が融合した穏やかな生活を描いた平面作品 (Agricultural Revolution 3.0)、人工知能エージェンシーに纏わる物語の脚本とスケッチボードの一部、そして本展の中心ともいえるソーシャル時代の構造を採り入れた集合的な手法で、新たなグローバリゼーションへのささやかな期待を告げる作品(White Painting)。半世紀前の未来像のレガシーと、私たちの生きる、新しい、しかし地続きの未来の始まりが会場内で対峙し合います。

来場者は、洗練された世界観とスペクタクルな展示空間の中で新しい社会と響き合う感情を体感することでしょう。それは、21世紀の科学とテクノロジーの進展とともにアートによって照らし出された新たな未来の価値を知覚することであり、言葉にしていく体験でもあります。

開催概要

「THE EUGENE Studio 1/2 Century later.」
開催期間:2017年11月21日(火)~12月24日(日)※月曜休(月曜日が祝日にあたる場合も休館)
開館時間:平日 11:00~19:00 日・祝 11:00~18:00
会場:資生堂ギャラリー
   地下鉄銀座駅 A2出口から徒歩4分
   地下鉄新橋駅 1番出口から徒歩4分
   JR新橋駅 銀座口から徒歩5分
   東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル地下1階
入場料:無料
主催:株式会社 資生堂
展示協力:ザ・ユージーン・スタジオ株式会社
協賛:株式会社ゴールドウイン、NEUTRALWORKS
協力:Object of Null、Scovil Galen Ghosh Literary Agency.、植原亮輔(本展グラフィックデザイン)
資生堂ギャラリーHPhttp://www.shiseidogroup.jp/gallery/?rt_pr=tr950

アーティスト情報

THE EUGENE Studio
THE EUGENE Studioは日本を拠点に、スクリプト、脚本を中核としたインスタレーションや平面、映像作品などを手がける。過去にサーペンタインギャラリー(ロンドン)でのプロジェクトや国内での個展、近年ではアメリカ三大SF賞受賞の小説家ケン・リュウとの共同制作のほか、人工知能や都市、バイオテクノロジー領域の共同研究に招聘されるなど、その活動は国内外で評価されています。創業者のEugene Kangawaは1989年アメリカ生まれ。
HP:http://the-eugene-studio.com/

(CREATIVE VILLAGE編集部)