クリエイティブ業界の注目情報や求人情報などを発信する、クリエイターのための総合情報サイトです。

第5回 デジタル作画アカデミー 最先端のデジタル作画を学べるオープンカリキュラム開催!

クリーク・アンド・リバー社は、アニメ業界で働く方やこれからアニメの仕事をめざす学生を対象に、デジタル作画の短期スキルアップ講座を開催します。

第5回となる今回はクリーク・アンド・リバー社でアニメーション制作を担当した企業CMやショートアニメの制作フローについてお話します。
該当作品は、デジタル作画ツール「TVPaint」をメインツールに採用して、フルデジタルでのアニメーション制作を行いました。
さらにWeb上での進捗管理表を導入し、Dropboxを使用して、遠方の作業者と連携した制作体制の確立など、管理面においても様々なデジタルツールを活用した作品になりました。

実際のところ、それら新システムの使い勝手はどうだったのか!?
本作を監督した山元隼一氏や、作画スタッフに話を伺います。さらに今、アニメ業界でデジタル作画を推進する理由やそれを阻害する要因はなんなのか?など、
業界の裏話を赤裸々にお話いただきします。ご興味のある方は、是非、ご参加ください。

作品名:「地図のない冒険」
http://www.sanyobussan.co.jp/cm/
監督・絵コンテ・演出・編集/山元隼一
脚本/武井 彩
キャラクターデザイン・作画監督/貞方希久子
原画/橋本治奈 関 弘光 榛葉美紀 グラフィニカ
動画・仕上げ/グラフィニカ
美術監督/里見 篤
色彩設計・色指定/のぼりはるこ
撮影監督/江頭勇希
3DCG/古屋隆介
アニメーション制作協力/クリーク・アンド・リバー社
アニメーション制作/株式会社コミックス・ウェーブ・フィルム

開催概要

日時 2017年9月16日(土)15:00〜17:00(14:45開場)
スケジュール 15:00〜
「デジタル作画でアニメ作ってみた! ―デジタル作画のワークフロー/成功と課題―」
山元隼一
山下清悟
石川 学

16:30〜
クリエイター・エージェンシーについて
田川浩充

17:00
講義終了

登壇者 山元 隼一(アニメーション作家、アニメーションディレクター)
2009年、九州大学芸術工学部画像設計学科卒業。
2011年、九州大学大学院芸術工学府デザインストラテジー専攻を卒業。
大学時代より国内外のアニメーションコンペで多数グランプリなどを受賞。
学生時代からNHKや民放番組のキャラクターデザイン・アニメーションなどを手がけ、大学院にてデザインストラテジー修士を獲得後に独立。
フリーランスとしてOVA、TVCM、ゲームムービーの監督やTVドラマ、舞台、ライブのアニメーション制作など幅広く活動している。

石川 学(アニメーションプロデューサー)
アニメーションプロデューサーとして「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」「サイコパス2」
「夜桜四重奏」などを世に送り出す。
自身でもシリーズ構成、脚本を手がける。
2014年にクリーク・アンド・リバー社に入社し、現在はデジタル作画スタジオの立ち上げに奮闘。

山下 清悟(クリエイティブディレクター)
FLASHをもちいたデジタル作画が特徴であり、
自ら撮影や仕上げなどまでこなすマルチさも持ち合わせるアニメーター。
また、自身のガイドとしてロトスコープといった手法を率先して用いる。
クリーク・アンド・リバー社ではクリエイティブディレクターとしてデジタル作画スタジオの立ち上げに参画。

田川 浩充(株式会社クリーク・アンド・リバー社/セクションマネージャー)
商社系IT企業等を経て2012年にクリーク・アンド・リバー社入社。
2015年よりシナリオ・アニメ事業を石川学、武田正憲とともに立ち上げ現在は主に事業統括・事業企画を担当。

会場 株式会社クリーク・アンド・リバー社 麹町制作ルーム
〒102-0082 東京都千代田区一番町8番地 住友不動産一番町ビル5F
地図はこちら
参加対象者 ・社会人としてアニメ業界での勤務経験者(1年以上)※職種不問
・アニメ関係の学校に在学中の方
参加費 無料
定員 20名 ※応募者多数の場合は抽選となります。
応募締め切り 2017年9月15日(金)18:00


定員に達したため応募は締め切りました。

お問い合わせ

株式会社クリーク・アンド・リバー社 
担当:濱中
電話:03-4570-7087
メールアドレス:shinajuku@hq.cri.co.jp