クリエイティブ業界の注目情報や求人情報などを発信する、クリエイターのための総合情報サイトです。

TVCMを中心とした業界屈指の映像制作会社がプロダクションマネージャーを募集!プロデューサーになるチャンスも!|株式会社AOI Pro.

2016/12/26 CM求人転職

設立から半世紀以上にわたり、TVCMを中心とした映像制作事業を展開している株式会社AOI Pro.。誰もが知る有名CMを数多く手掛けてきた実績と、約160人の優秀なプロデューサー・プロダクションマネージャーが在籍する強みを生かしてアジアNo.1の映像制作会社を目指す同社で活躍する魅力を探っていきます。

この求人のポイント

  • 設立53年を誇る、業界屈指の歴史を持つ映像制作会社
  • 誰もが知る有名テレビCMを数多く制作してきた豊富な実績
  • 約160人の優秀な制作メンバーとタッグを組んで活躍するメリット
  • 自由な企業風土×抜群のチームワークで助け合う文化
  • 業界に先駆けて海外事業部立ち上げ~アジアNo.1の映像制作会社を目指す
  • ハイクオリティな映像制作に注力できる環境の中で成長できる

募集概要抜粋

推薦ポイント 有名なあのCMや最近公開となった映画の制作などを手掛けている日本で屈指の、大手映像制作会社です。
プロダクションマネージャーとして企画から携わることもあり、将来的にはプロデューサーへのキャリアアップもできる環境です!
業務内容 ナショナルクライアントのTVCMを中心に、映像制作に関わる様々な業務が円滑に進むよう、マネジメント業務を行っていただきます。
具体的には…
1. スケジュール管理
2. 予算管理
3. スタッフ管理
4. クリエイティブ管理
が主な仕事内容となります。
応募条件 ジュニアクラス
【必須条件】
・映像制作の業界で、活躍していきたい意欲の強い方
※映像(CM・TV番組を含む)制作や広告制作の経験者を歓迎いたします!
【求める人物像】
・社内外のスタッフの調整力がある方
・スケジュール・予算管理能力がある方
シニアクラス
【必須条件】
・映像制作経験者(TV番組を含む)
【求める人物像】
・社内外のスタッフの調整力がある方
・スケジュール・予算管理能力がある方
勤務地 赤坂オフィス(港区赤坂)または、新橋オフィス(中央区銀座)
就業時間 9:00~17:30(月曜のみ9:00~18:00)
 ※裁量労働制度有
休暇・休日 完全週休2日制(土曜日、日曜日)/祝祭日/年末年始/有給休暇/特別休暇/介護及び育児休業制度有

募集職種

プロダクションマネージャー(ジュニアクラス)の求人詳細・応募はこちらから

プロダクションマネージャー(シニアクラス)の求人詳細・応募はこちらから

企業プロフィール

株式会社AOI Pro.
1963年の設立以来、TVCMをはじめ映画・ドラマ・プロモーションビデオなど、映像制作事業を展開。豊富な実績とハイクオリティな映像制作技術が高く評価され、国内外の広告・クリエイティブ関連の賞を受賞したり、大手ナショナルクライアントと長年に渡り取引を実現したり、様々な領域のグループ会社と共にWeb・モバイル・アプリなどのデジタルコンテンツ事業や、写真スタジオ事業など多角化しながら成長を続けている。

メンバーインタビュー

宗像克英(むなかた・かつひで)
人事総務部人事チーム チームリーダー

1997年新卒入社。15年ほど制作部でプロダクションマネージャーやプロデューサーとして、TVCMを中心とした映像制作に携わった経験がある。現在は人事チームチームリーダーとして人事関連業務をはじめ、アジアNo.1の映像制作会社になるための人事戦略の企画立案~実践を通じて、全社員の能力・意欲を最大限に引き出すことに注力している。

吉本絵美(よしもと・えみ)
人事総務部人事チーム

2006年新卒入社。入社から10年間デスクとして、様々な制作系部署の業務をバックアップしてきた。現在は人事チームでインターンシップの企画運営から採用、労務、情報セキュリティ関連業務を担当。制作部デスク時代に培った現場目線を大切にしながら、人事業務を推進している。

制作領域の大きな裁量を活かしつつ、プロダクションマネージャーからプロデューサーへキャリアアップが可能

一般的なTVCM制作の場合、まず「プロダクションマネージャー(※以下PM)」からスタートすることになります。CM制作を滞りなく進行するための『スケジュール管理』をはじめ、プロデューサー・監督・カメラマンなどの『スタッフ管理』、また『予算管理』と『クリエイティブ管理』という、4つの管理を行うのがPMの大きな役割。

この中でも、特にAOI Pro.においてやりがいの大きなテーマが『クリエイティブ管理』だと15年間、制作部で経験を積んだ宗像さんは断言します。
「特に当社の場合、PMの制作領域における裁量が大きいのが特徴。通常は、プロデューサー(※以下P)が制作部門のマネジメントを行いますが、当社ではクライアントや広告会社から求められるCM制作テーマに対して『この内容なら〇〇の場所をロケ地にして、〇〇の監督さんに頼んだらきっといいものになります』など、積極的にPや広告会社に提案し、実現するチャンスがあります。
つまりクライアントや広告会社からの指名や指定がない限り、

  • 監督候補を提案する際に、自分の希望する監督をリストアップできる
  • 自分の裁量でロケ地候補を選定できる
  • スタッフ構成や具体的な画づくりの内容も、監督・広告会社と共に制作部主導で進行できる

といったことが、当社のPMとして活躍する最大の醍醐味です。
そして、このようなクリエイティブ領域の経験を積むことによってその先、Pにキャリアアップしたときに大いに役立つことにもなります。」

このようにAOI Pro.ではPMの段階から積極的にクリエイティブ領域にもチャレンジすることで将来、Pへキャリアアップするための確かな道が用意されています。

豊富な案件&70名の個性豊かなプロデューサーとタッグを組めるメリット


他にもTVCM制作会社はあるが、その中でAOI Pro.の強みは、半世紀以上に渡る歴史の中で培った豊富な実績と人脈。

毎日テレビで見かけるような、だれもが知る有名CMを数多く手掛けています。
そしてその制作を担っているのが、約160名の制作メンバー。

「そのうちの約70名がPで個性豊かなメンバーが揃っています。PMの立場であってもPに働きかけ、自分の努力次第では興味志向に合った案件に関わるチャンスが当社には大いにあります。PMは確かな経験を積んだのちにPになって活躍していただきます。当社で活躍するPは本当に個性豊かな者ばかりなので、きっとどなたにとっても『将来、こんなPになりたい!』と思える人が必ずいるはず。自分の目指すべき確かなロールモデルを見つけやすいのが、当社の大きなメリットかもしれません」(宗像)

そしてもう一つの特徴が「抜群のチームワークを発揮できる環境」がある点。
CM制作のPMやPは日々、様々なプレッシャーを抱えながら業務を推進していくことになりますが、「同じ気持ちがわかる同士」としての結束力がことのほか強いといいます。

「社長も含めたメンバー同士の付き合いもあり、みんながいい意味で“世話焼き”なところが、当社の魅力だと思っています。どんな相談も真剣に受け止めてアドバイスをしてくれ、また遊びの時はとことん楽しむため、忙しい中でもとても充実した毎日を送れると思いますね」(吉本)

募集職種

プロダクションマネージャー(ジュニアクラス)の求人詳細・応募はこちらから

プロダクションマネージャー(シニアクラス)の求人詳細・応募はこちらから

アジアNo.1の映像制作会社を目指す!今、改めてテレビCMを創る醍醐味とは

豊富な実績と優秀な人材に加え、抜群のチームワークを発揮できる環境の中でPM、そしてPとして活躍できるメリット。今後「アジアNo.1の映像制作会社」を目指していく上で、さらに活躍のフィールドが広がっていくそうです。

「私たちは業界に先駆けて海外事業部を立ち上げた経緯があるため、国内だけでなく海外にも豊富なネットワークを持っています。カンヌライオンズのような国際的な賞も受賞する等、実は海外でも、当社の知名度は高いのです。
今後、特に東南アジアを中心に海外のCM制作を積極的に開拓していこうとしていますので、海外志向の方や語学力を活かしたい方にも将来、大きなチャンスがあります」(宗像)

最後に改めて、AOI Pro.でテレビCMを制作する醍醐味について宗像さんに聞いてみました。
「今は動画サイトなどテレビ以外においても映像配信のツールは多様化していますが、その中で今、改めてテレビCMを創る醍醐味として伝えたいのは

  • 優秀なクリエイティブスタッフが総力を結集して、ハイクオリティな映像制作にチャレンジできる
  • 優秀な作品を生み出せば、カンヌライオンズをはじめ国内外で受賞のチャンスがある
  • 比較的若いうちから大規模案件に携わりつつ、大勢のスタッフを動かすことでマネジメント力が身に付き成長できる

という点です。
この3点に対して限りない可能性を感じ、なおかつ誠実な姿勢で映像制作に全力で向き合える方であれば、きっと当社で活躍できると信じています」

募集職種

プロダクションマネージャー(ジュニアクラス)の求人詳細・応募はこちらから

プロダクションマネージャー(シニアクラス)の求人詳細・応募はこちらから

この求人に関するお問い合わせ

株式会社クリーク・アンド・リバー社
担当/鈴木
Tel:03-4550-6195
Mail:shokai2@hq.cri.co.jp

その他のおすすめ記事