日本をもっとクリエイティブに 世界をもっとクリエイティブに

HOME > クリエイティブ業界を知る > 映画業界


クリエイター要チェック!住民メルマガ登録 | 登録はこちらから


映画業界

映画業界の動向

日本作品のハリウッドリメイクや日本人俳優の海外での活躍など
グローバル展開を見せる映画業界。

イメージ多くの人の憧れを集め、狭き門として知られる映画業界。ここ数年は、日本の作品がハリウッドでリメイクされたり、日本人俳優が海外で活躍したりといったグローバルな展開を見せ始めている一方、国内でもテレビドラマやコミック、小説などのヒット作品を映画化し邦画作品が大ヒットを記録するなど、様々な話題を提供していることから、映画業界を志望する人はさらに増加しているようです。


また、3D映画の普及により、新たなカメラ技術やCG制作技術が求められはじめています。


自分の参加した作品が多くの人の目に触れる映画業界は、映像製作に携わるクリエイターだけでなく、CG制作クリエイターなど様々な分野で活躍するクリエイターにとって、目標とする業界のひとつと言えるでしょう。



映画業界で活躍するクリエイター

監督/助監督
制作担当
制作主任
制作進行

脚本/記録
編集技師・エディター
編集助手
ネガ編集

美術プロデューサー
美術デザイナー
小道具/大道具
その他

映画制作をする際の役割
映画を制作する際に、俳優やカメラ、美術、衣装などのスタッフを指揮し、映画の世界を描いていく総責任者が映画監督。
映画監督の描く世界を、台本やシナリオとして形作っていくのが脚本、現場のスケジュールやエキストラに対する演技指示などを行うのが助監督の役割となります。


web会員登録
Page top