• このエントリーをはてなブックマークに追加

デザイン塾

デザイン塾

今回のデザイン塾ではコンシューマ分野で成長し続けるナンバリングの代表格『龍が如く』の開発陣をお招きし、現場での意思決定方法、チームビルドなど具体的なエピソードを交えご説明いただきます。
どの様にスピーディーでハイクオリティーなクリエイティブを実現しているのか『龍が如く』の制作の秘密に迫ります。
また、情報交換の場として懇親会・名刺交換の時間も用意しています。
※希望者の方には採用に繋がるカジュアル面談も実施させて頂きます。

・『龍が如く』シリーズとは
架空の巨大歓楽街を舞台に、愛・人情・裏切りなど様々な人間ドラマを描くことで、これまでゲームが決して踏み込むことの出来なかったリアルな現代日本を表現した、セガが贈るアクションアドベンチャーゲームシリーズです。
2005年12月8日に発売された初作、PlayStation2用ソフト『龍が如く』を皮切りに、ナンバリングシリーズ、スピンオフタイトル、廉価版を含め、シリーズ累計出荷本数750万本を記録しています。
http://ryu-ga-gotoku.com/


概要

日時

2016年3月26日(土) 13:00~15:00(12:30~受付開始)
13:00開始(12:30受付)
13:00~13:10 概要説明
13:10~14:40 講義
14:45~15:30 懇親会
終了後、名刺交換の時間を設けています

会場

株式会社クリーク・アンド・リバー社
東京都千代田区麹町2丁目10番9号 C&Rグループビル2階
地図はこちら


講師

株式会社セガゲームス コンシューマ・オンラインカンパニー所属
『龍が如く』シリーズプロデューサー       横山 昌義氏
『龍が如く5 夢、叶えし者』 メインプランナー  堀井 亮佑氏
『龍が如く』シリーズ キャラクターデザイナー  安藤 俊周氏


講義内容

#1(講師 プロデューサー・横山昌義氏)
~シリーズプロデューサーが語る『龍が如く』の作り方~

プロデューサーの横山昌義氏が、数々の経験を次作に反映することで進化し続けてきた『龍が如く』シリーズの歩みを、成功や失敗のエピソードを交えつつ簡単にご紹介します。


#2(講師 プランナー・堀井亮佑氏)
~プランナーが支えるスピードとパワー~

『龍が如く』シリーズ特有の、驚異的なリリースペースを可能にするために必要なチームの「要」。
それがプランナーです。限られた時間や様々な制約の中で、いかにして『龍が如く』のような要素の多いゲームを、高いクオリティで作り上げるか?アイデア出しから仕様書作成、実装までを短期間で同時並行で成し遂げていく、プランニング・メソッドの一端をご紹介します。


#3(講師 キャラクターデザイナー・安藤俊周氏)
~キャラクターデザインとは「クオリティとスピードへの挑戦」~

『龍が如く』シリーズの最大の魅力であるドラマ。そのドラマを支える数々の魅力的なキャラクターがどのように生まれてきたか。クオリティとスピードを両立させるために編み出した、『龍が如く』チームの制作ワークフローをもとに、「革新」と「積み重ね」の実践方法をご紹介します。


対象

コンシューマ、ソーシャル、PC、アーケードの開発ディレクター、プランナー、デザイナー経験3年以上の方

注:今回はユーザー向けのイベントではありません。ユーザーの方の参加はご遠慮いただいております。また、学生の方は対象外です。

参加費

無料

募集人数

120名(応募者多数の場合は抽選となりますのでご了承ください)

持ち物

ハンズオンではないのでPCは不要です
受付時に名刺が2枚必要です



お申し込みはこちら
※リンク先のフォーム内のメモ/コメント欄に応募職種を記載してください

お問い合わせ

株式会社クリーク・アンド・リバー社

担当 菊池
TEL:03-4570-7087
メールアドレス:DD1-mailinglist@hq.cri.co.jp

pagetop
CREEK&RIVER
CREEK & RIVER Co.,Ltd. All Rights Reserved.