クリエイティブ業界の注目情報や求人情報などを発信する、クリエイターのための総合情報サイトです。
news_general_header2

「Facebookページ」管理のための新機能が提供開始

 Facebookは9日、「Facebookページ」の所有者向けの新しい機能を発表した。Facebookページの返信時間目安表示をより細かくコントロールできるようになるほか、受信コメントとプライベートメッセージの双方をより簡単に管理できるようになる。

 Facebookページは現在、世界の5,000万以上の企業で活用されており、毎月Facebookページに25億のコメントが投稿されている。日本でも60%の利用者が中小企業のFacebookページを利用している。こうしたコミュニケーション量の伸長に対応するため、新たな機能を用意したとのこと。

 まず、今月からすべてのFacebookページにおいて、メッセージへの平均応答時間が設定できるようになる。ページの平均応答時間はページごとに自動的に算出され、この値がデフォルトでページに表示されるが、ページ管理者は「数分以内」 「1時間以内」「数時間以内」「1日以内」のいずれかの応答時間を選択して変更できるようになる。これにより、実際の回答時間との印象のズレを調整できるという。

 また「退席中」という新しいメッセージング ステータスが追加される。これにより、ページ管理者はメッセージに応答できない時間帯を指定できる。有効にしている間にFacebookページに送信されたメッセージは、ページの応答率には考慮されない。

 またFacebookページの受信ボックスのデザインが変更され、利用者の背景情報を表示したり、リアルタイムでメッセージを送信したりすることが可能になった。過去の対話や居住地など、利用者がプロフィールに公開している情報が表示可能。現在の注文、過去のカスタマーサービスでの好み、その他の関連情報など、利用者に関するノートを追加することもできる。コメント管理ツールでも、利用者のプロフィール情報が表示されるようになっている。新しい「アクティビティ」タブには、コメントのモニタと回答に使用できるツールが追加された。

 新しいFacebookページのコミュニケーション機能は、今後数か月以内に、すべてのFacebookペー ジで利用可能になる予定。

受信ボックスの新デザイン

受信ボックスの新デザイン

(2015年12月9日 RBB TODAY)《冨岡晶》

関連記事