クリエイティブ業界の注目情報や求人情報などを発信する、クリエイターのための総合情報サイトです。
news_general_header2

3Dキャラでテレビとネットに参加、新時代サービス「トビー」を日テレらが開始

 日本テレビとバスキュールの合弁会社「HAROiD」は16日、自らデザインした3Dキャラクターを使い、テレビ番組やWeb、イベントなどに参加できる“デジタルトイサービス”「TOVY」(トビー)を開始した。

さまざまなTOVYを作成可能

さまざまなTOVYを作成可能

 「TOVY」の名称は、「TVをもっと楽しく遊べるおもちゃ(TOY)」の意味。サイトにアクセスすると、好みのカラーやさまざまなパーツを選んで、自分だけのアンドロイド「TOVY」を作成できる。TOVYは、“自分の代わりに、テレビやスマートデバイス、デジタルサイネージを自由に行き来できるペットや相棒”として、スポーツ応援企画や投票企画など、さまざまなイベントに参加できるという。

 第一弾として、11月末より毎週1回、日本テレビ系番組「ZIP!」(毎週月~金曜5:50~8:00)のなかの「ZIP!deポン! アローハ」コーナーにて、TOVYの出演募集企画を実施する。今後もさまざまな番組や企画にユーザーのTOVYが参加可能になる予定。4K放送も視野に入れたサービス開発が進められているとのこと。

(2015年11月17日 RBB TODAY)《冨岡晶》

関連記事