クリエイティブ業界の注目情報や求人情報などを発信する、クリエイターのための総合情報サイトです。

「連続ドラマW 誤断」玉山鉄二、「マッサン」脚本家との社会派タッグで新境地!

作家・堂場瞬一による社会派ヒューマンサスペンス小説をドラマ化した、WOWOW日曜オリジナルドラマ「連続ドラマW 誤断」。

物語の舞台は、薬害事件を抱える大手製薬会社。法の網をかいくぐってでも会社の繁栄と存続を優先する昭和を生きた企業人、巨大企業の利益のために犠牲となった被害者たち、そして上司の命令に従いながらも会社と被害者とのはざまで揺れる平成を生きる会社員…。様々な人々の思惑が交錯する中で、副社長から不祥事の隠蔽を指示され、良心と社命のはざまで思い悩む若手社員・槙田高弘(玉山鉄二)の姿を描きます。

11月22日からの放送を前に東京・国際フォーラム・ホールDにて行われた第1話の完成披露試写会には、主演の玉山鉄二、共演の蓮佛美沙子、柳葉敏郎、小林薫が登壇しました。

s_オフィシャル 軽

NHK連続テレビ小説「マッサン」以来初となる連続ドラマ単独主演で、「マッサン」脚本家・羽原大介とのタッグを玉山は「『マッサン』の打ち上げに行く途中に羽原さんとお会いして、『またやろう』と言ってくれて、それから1週間後くらいにお話が来ました。僕としては『マッサン』の後にもぬけの殻になっていたので、正直『早いなぁ』と思った」と笑顔。それでも「羽原さんの社会派ものを個人的に見てみたいという思いがありました。いただいた脚本はメッセージ性が強く、やり応えもあった。見ごたえのある、WOWOWでしか作る事のできない作品になった。自分自身の成長も感じています」と新境地に胸を張りました。

玉山演じる槙田の恋人・森田真弓役の蓮佛は、初共演の玉山について「男らしい方で、ザ・座長という感じ。現場を引っ張っていく姿もそうだし、和ませてもくれる。恋人同士ということもあり、現場にその空気感を作ってくれた」と感謝。一方の玉山は、カットをかけるのを粘る村上牧人監督の手法に触れて「(蓮佛と)抱き合ったりする場面でもなかなかカットの声がかからず、仕方なく“槙田課長と言ってみ?”とかアドリブを入れたりして……。恥ずかしい自分が出ちゃったような気がする。変なプレイをしているような感覚だった」と照れながら蓮佛との思い出深い共演シーンを振り返りました。

槙田の良き相談相手で製薬会社の顧問弁護士・高藤辰美役の柳葉は「抱き付いたり抱き付かれたり……してもらえなかったなぁ」とぼやいて笑わせるも「久しぶりに社会派連続ドラマに、一人の大人として参加できたのは嬉しい」とコメント。

一方、企業に人生を捧げた副社長・安城隆雄役の小林は「このかすれ声を聞いてもらえれば、いかに過酷な現場だったのかわかるはず。ロケは一都六県くらい、福島から静岡まで早朝に呼ばれまして……。この仕事を引き受けたのが僕の誤断」ときついジョークまじりに挨拶。「撮影中は楽しい弁当を囲んで、キャストの皆さんとワイワイガヤガヤのアットホームだった」と小林が振り返ると、すかさず玉山が「小林さんが“今日のお弁当は寂しいね”と言ったら、次の日から豪華な弁当になった。僕たちも助かりました」と小林の“鶴の一声”を明かす一幕も。

日曜オリジナルドラマ「連続ドラマW 誤断」はWOWOWプライムにて毎週日曜夜10時放送です【全6話・11月22日の第1話は無料放送】

■日曜オリジナルドラマ「連続ドラマW 誤断」
公式サイト:http://www.wowow.co.jp/dramaw/godan/

原作:堂場瞬一「誤断」(中央公論新社刊)
脚本:羽原大介(『フラガール』「連続テレビ小説 マッサン」)
監督:村上牧人(「連続ドラマW 女と男の熱帯」)、古厩智之(『武士道シックスティーン』『ホームレス中学生』)
音楽:中島ノブユキ(『人間失格』『悼む人』)
出演:玉山鉄二 蓮佛美沙子 大空祐飛 足立梨花 小市慢太郎 中田喜子
市毛良枝 泉谷しげる 中村敦夫 柳葉敏郎 小林薫 ほか

(2015年11月12日 CREATIVE VILLAGE編集部)

関連記事