クリエイティブ業界の注目情報や求人情報などを発信する、クリエイターのための総合情報サイトです。
news_general_header2

単語をコピーしなくても検索できる、グーグルが新機能「Now on Tap」を日本でも提供開始

 グーグルは10日、検索の新機能「Now on Tap」の提供を開始した。Android OS最新版「Marshmallow」(Android 6.0、マシュマロ)で利用可能。英語についで、2番目の言語として、日本語に体操した。

 従来のスマートフォンの検索では、“ブラウザ画面に表示されているテキストから、気になる単語をコピーし、検索アプリにペーストして、検索を実行する”といった操作手順が必要だった。「Now on Tap」は、テキストを読んでいる画面のまま、ホームボタンを長押しするだけで、自動的に画面を解析し、“次にしたい操作”をサポートする機能だ。

 操作はカードの形で表示され、ブラウザに限らず、どのアプリからでも利用できる。ホームボタンを長押しするだけで、地名を検索したり、マップで場所を確認したり、レシピを表示したりすることが可能になるという。

会話にある「フォンデュ」という単語をもとに、レシピを表示(提供:Google)

会話にある「フォンデュ」という単語をもとに、レシピを表示(提供:Google)

 またアプリの利用状況について、「ナレッジグラフ」「自然言語の理解」「App Indexing」などの技術を使い、「ニュースを見ている」「友人と会話している」など状況を類推。たとえば、「待ち合わせ場所や時間を、友だちとLINEで相談している」ときに、Now on Tapを使うと、自動的に待ち合わせの時間と場所をGoogleカレンダーに入力したり、食べログでお店のレビューを確認したり、ワンタップでお店に電話できるアイコンが表示されるとのこと。

(2015年11月11日 RBB TODAY)《冨岡晶》

関連記事