クリエイティブ業界の注目情報や求人情報などを発信する、クリエイターのための総合情報サイトです。
seminar_pec_header

イージースケッチ勉強会

スケッチは、頭の中のイメージをすばやく形にして正確に相手に伝え、お互いの考えを共有することができます。また、打ち合わせの際に、相手の意図をスケッ チしながら確認をするなど、あらゆる場面で威力を発揮する有効なコミュニケーションの手段です。イージースケッチは気軽に描くための簡易的な方法であり、 ちょっとしたスケッチのコツをつかめば、日々の仕事や生活に役立てることができます。

講師:木村隆

講師:木村隆

イージースケッチ勉強会では、用意された課題を自分のペースでスケッチし、先生からアドバイスをもらいながらコツを掴んでいく勉強会です。
例えば、スクーで「イージースケッチ」を受講していた方は、そこで受講したテーマをじっくり練習することができます。

ウォーミングアップ用の入門者向けのワークブックもご用意していますので、スケッチをほとんどしたことない初心者の方も初めて参加されるかたも大歓迎です。

今回のテーマは「ピクトグラム」です。課題をこなしながらスケッチのコツをつかんでいきましょう!ピクトグラムを描くことで、イージースケッチの基本を学ぶことができます。
入退室は自由なので、19時~21時の時間内であれば、お好きな時間に来て学ぶことができます。19時からと20時から、それぞれ約15分ほどで、スケッチの基本を確認するウォーミングアップを行いますので、聞きたい方は、お時間をあわせてご参加下さい。


応募は締め切りました。

セミナー詳細

タイトル イージースケッチ勉強会
主催 株式会社クリーク・アンド・リバー社プロフェッショナルエデュケーションセンター
講師 木村隆 ( スケッチピープル代表 )
広告代理店、デザイン・編集プロダクションを経て96年に独立。主に企業向けの広告宣伝物、Webサイト、CD- ROMコンテンツなどの制作を手がける。デザイン業務の傍ら、原宿アットギャラリー、原宿MOVE、有楽町マリオンでイラストレーションの個展を開く。イ ンターネットの普及とともに、Webの制作も始める。
Macintoshを使い始めて10年ほどしたある日、従来の紙とエンピツを使ったスケッチ など、デザイン表現としてのアナログ行為の必要性を改めて痛感。アイデアスケッチやクライアントとの折衝などに手書きのスケッチを使い、クライアントの折 衝の時の有効なツールとして利用している。御茶ノ水美術専門学校にてMachintoshによるデザイン基礎での講師を務め、PCデザインの時に、学生た ちに鉛筆での手描きラフスケッチの重要性を伝えている。アイデア段階で手描きスケッチを進めた結果、よりクリエイティビティの高い作品を生み出せる事を実 証。ごく最近では民放番組(TBS系)、「学校へ行こうMAX」での絵画指導も担当。ひとこと:
わずかな時間でも構いませんので、学んだことを手を動かしながら復習してみてください。
知らず知らずのうちに自分が思い描いたスケッチが描けて、次第に手で描く事が楽しくなってくると思います。
日時 2015年10月29日(木) 19:00~21:00(入退室は自由)
場所 C&R社 本社2F
参加料 1,800円(税込・使用する題材込み)
対象 ・頭の中のイメージを形にしたい方
・スケッチのコツを学びたい方
・スケッチをきちんと勉強した経験のない方
・絵を描く自身のない方
・これから絵を描き始めたい方/企画プロデュース
・企画営業で企画書作成をしている方
・デザイン発注担当の方(進行管理・事務系公務員・教員など)
定員 15名
備考 スケッチに使用するペンまたは鉛筆などの筆記用具を各自でお持ちください。
注意事項 ※開催1週間前に最低開催人数に達しない場合は、延期または中止とさせていただくことがございます。予めご了承下さい。
カリキュラム ピクトグラム

応募は締め切りました。

PEC(プロフェッショナルエデュケーションセンター)はクリエイターの集う場所
はじめまして、PEC(プロフェッショナルエデュケーションセンター)と申します。 私たちはクリエイターが能力を伸ばすこと、チャンスを掴むこと、 ネットワークを広げることを応援するために活動しています。 クリエイターエージェンシーとして約10年の実績を誇るクリーク・アンド・リバー社が そのエージェント機能をより大きく、クリエイター本位に充実させるために蓄積した クリエイターサポートサービスが発展・独立して誕生した機関です。
活動の大きな柱は2つ。ひとつはクリエイターの生涯教育サポート。 クリエイターひとり一人に向けてトレーニングプログラムやセミナー、 フォーラム、ワークショップなどのスペシャルプログラムを提供します。 そしてもうひとつは、企業向けに研修プログラムやE-ラーニングなどを提供する 教育コンサルティング。 必要に応じてスペースレンタルサービスも盛り込み、企業所属のクリエイターに 生涯教育のノウハウを提供したいと考えています。

関連記事