クリエイティブ業界の注目情報や求人情報などを発信する、クリエイターのための総合情報サイトです。
news

カンヌライオンズ2015審査員をはじめ世界の広告祭を知るクリエイティブディレクターが語る、ショートフィルムと広告の未来とは…?!

米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF & ASIA)」は、東京都美術館<10月14日(水)~18日(日)>とアンダーズ 東京 51階 アンダーズ スタジオ<10月13日(火)~16日(金)>の2会場にて第28回東京国際映画祭との提携企画「シネマミュージアム -秋の特別上映会-」を開催します。

本イベントは、ショートフィルムの魅力を広めることと、若手映像作家の育成を目的に毎年開催しており、SSFF & ASIA 2015グランプリ受賞作品を含む全6プログラムを上映。米国アカデミー賞やカンヌ映画祭でも上映された作品を楽しめる他、ワークショップなども開催されます。

中でも注目のワークショップが、エグゼクティブクリエイティブディレクター、長谷部守彦氏を講師に迎え「ショートフィルムと広告の未来」をテーマにしたものです。

長谷部守彦氏

長谷部守彦氏

長谷部氏は、1986年博報堂入社後、コピーライター、CMプランナーとして活躍し、数多くの国内およびグローバルでのブランディング/広告キャンペーンを担当してきました。
国際広告祭において審査員を経験した長谷部氏が、カンヌライオンズ2015フィルム部門の受賞作品をはじめ、話題となった映像事例を基に、世界で評価される映像制作のポイントや、審査員が評価したポイント、受賞の秘訣などを語る、クリエイター・広告業界人・映像マーケティング担当必見の無料セミナーとなっています。
広告制作30年のキャリアを持つ長谷部氏が語る、世界で受ける広告映像、ショートフィルムの未来とは…?!クリエイターにとっても、多くのヒントが得られるワークショップとなりそうです。

■開催概要
日時:10月18日(日) 14:00~16:30 
会場:東京都美術館 講堂
料金:無料
テーマ:ショートフィルムと広告の未来

講師:長谷部守彦
エグゼクティブクリエイティブディレクター。
1986年博報堂入社後、コピーライター、CMプランナーを経て現職へ。
これまでに数多くの国内およびグローバルでのブランディング/広告キャンペーンを担当する。
Cannes Lions, One Show,D&AD, SPIKES ASIA, AdFest, AD STARSなどの国際広告祭において審査員を経験。ショートフィルム、本編製作にも関わり、昨年、映画監督としてデビュー作を公開。

尚、同日10:30~11:50、同会場では旅が始まるきっかけサイト「旅もじゃ」がお届けする、地域の魅力が満載のスペシャルイベントも開催!
当イベントのプレゼンターとして「旅もじゃ」公式キャラクター“もじゃ”、島根県より“しまねっこ”、愛媛県より“みきゃん”といったご当地キャラたちもやって来ます。

詳細は「シネマミュージアム -秋の特別上映会-」をチェック!
http://www.shortshorts.org/cinema_museum2015/

(2015年10月5日 CREATIVE VILLAGE編集部)

関連記事