クリエイティブ業界の注目情報や求人情報などを発信する、クリエイターのための総合情報サイトです。
news_general_header

人形アニメ「ちえりとチェリー」 クラウドファンディングの話題作が東京国際映画祭に公式上映

オリジナル人形アニメ『ちえりとチェリー』が第28回東京国際映画祭のパノラマ部門で上映されることが決定した。監督は2010年版『チェブラーシカ』の中村誠さんが務める。今年7月には上映に向けてのクラウドファンディング達成でも話題を呼んだ一作だ。

(c)「ちえりとチェリー」製作委員会

(c)「ちえりとチェリー」製作委員会

中村監督はフロンティアワークスおよびアニメ制作スタジオ・GoHands所属の脚本家。出崎統監督による劇場版『AIR』や『CLANNAD』をはじめ、最近ではテレビアニメ『COPPELION』のシリーズ構成として知られている。
監督としては、2010年版『チェブラーシカ』が初の作品となる。ロシアの名作『チェブラーシカ』シリーズの27年ぶりの新作であり、日本・ロシア・韓国が絡む大規模プロジェクトへの大抜擢であった。

『ちえりとチェリー』は、2010年版『チェブラーシカ』の主要スタッフを集結し、5年にわたる製作期間で完成させた完全オリジナルの新作パペットアニメーションだ。
メインキャストは、主人公となる小学6年生の女の子ちえりを高森奈津美さん、ちえりの唯一の友人であるぬいぐるみのチェリーを星野源さんが務める。
そのほか、真里江役に尾野真千子さん、ねずさえもん役に栗田貫一さん、レディエメラルド役に田中敦子さんなど、豪華キャストが脇を固める。

なお東京国際映画祭では、『チェブラーシカ』シリーズの新作『チェブラーシカ 動物園へ行く』が併映される。2010年版『チェブラーシカ』と同じパペットとセットを使用し、中村監督が手がけた15分の短編アニメーションだ。パペットアニメーションファンにはうれしい組み合わせとなった。
上映の詳細は後日発表となる。チェックを忘れないようにしたい。

『ちえりとチェリー』
原作・監督: 中村誠
脚本: 島田満、中村誠
キャラクターデザイン: レオニード・シュワルツマン、伊部由起子
音楽: 大谷幸

(2015年10月1日 animeanime)

関連記事