クリエイティブ業界の注目情報や求人情報などを発信する、クリエイターのための総合情報サイトです。
news_general_header

世界初となるHDR対応8Kディスプレイ、NHKが開発 85V型液晶

2015/09/04 8KNHK映像

 

NHKが開発した世界初となるHDR対応8Kの85V型液晶ディスプレイ。IBC 2015で披露される

NHKが開発した世界初となるHDR対応8Kの85V型液晶ディスプレイ。IBC 2015で披露される

 NHKは3日、世界初となるHDR対応8K液晶ディスプレイを開発したと発表した。9月11日からオランダ・アムステルダムで開催される欧州最大の放送機器展示会IBC 2015で展示される。

 NHKが開発したのは、HDR(High Dynamic Range:高ダイナミックレンジ)に対応した85V型8K液晶ディスプレイ。8KディスプレイでHDRに対応したのは世界初となる。HDRは、テレビが表現できる映像の明暗の幅を拡大する技術。サッカー中継で見えにくくなる日陰・ひなたの明暗差の大きいシーンや、ガラスや金属に反射した光による明るい場面などをより忠実に再現することができる。

 NHKでは、従来のテレビジョン方式と互換性のあるこのHDRの方式をBBC(英国放送協会)と連携して技術開発。液晶ディスプレイはシャープと共同開発した。

 仕様は、画面が85V型(190cm×105cm)、解像度は水平7,680×垂直4,320ピクセル(8K)、フレーム周波数は60Hz(表示120Hz)、最大輝度は1,000cd/m2以上、コントラスト比は100,000:1以上となっている。

(2015年09月04日 RBB TODAY)《関口賢》

関連記事