クリエイティブ業界の注目情報や求人情報などを発信する、クリエイターのための総合情報サイトです。

細田守監督の原動力とは…今夜「プロフェッショナル 仕事の流儀」に登場

「プロフェッショナル 仕事の流儀」に登場する細田守

「プロフェッショナル 仕事の流儀」に登場する細田守

 現在公開中のアニメ映画「バケモノの子」の細田守監督が、本日3日放送のNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」に登場する。

 細田は、国内外で多数の映画賞を受賞した「時をかける少女」や、興行収入42億円超えの大ヒットを記録した「おおかみこどもの雨と雪」など、数々のヒット作を手がけるアニメーション映画監督。細田の映画には、いわゆる“かっこいい”ヒーローやヒロインは登場しない。等身大のキャラクターが必死に生きていく姿を、繊細かつリアリティーあふれる表現力で描き、根強い共感を得てきた。日本アニメの顔だった宮崎駿が長編映画から身を引いた今、次代を担う映画監督としてその作品に期待が高まっている。

 今夏、細田は映画としては3年ぶりとなる作品「バケモノの子」を送り出した。孤独な少年が、身勝手で嫌われ者のバケモノと出会い、いがみ合いながらも、父と子のような関係を築いていく物語だ。この番組では、300日に渡り、「バケモノの子」製作の舞台裏に密着、細田の仕事ぶりに迫る。

 細田は、自身の作品を生み出す原動力となっているのは、「苦しみを抱えてきた自らの人生」だと言う。細田は、心の内にある“わだかまり”を糧に、キャラクターの心情を思い描く。そして「こうありたい」という理想を映画に託している。

 細田が登場する「プロフェッショナル 仕事の流儀」は、本日3日の午後10時30分から、NHK総合で放送される。

(2015年08月03日 RBB TODAY)《尚》

関連記事