クリエイティブ業界の注目情報や求人情報などを発信する、クリエイターのための総合情報サイトです。
news

スタジオジブリ出身の百瀬義行監督CM公開 JR西日本「SUMMER TRAIN!」が描くアニメ

(c)STUDIO PONOC

(c)STUDIO PONOC

話題のアニメ演出によるテレビCMが6月24日より公開されている。長年スタジオジブリ作品を支え続けてきた百瀬義行監督が中心に、西日本旅客鉄道が展開中のキャペーン「JR西日本 SUMMER TRAIN!」のために制作したものだ。
テレビCMではキャンペーンに登場する西本家の親子孫3世代家族の夏休みを描いたものだ。心暖まるショートアニメとして楽しむことができる。

「JR西日本 SUMMER TRAIN!」はスタジオジブリ作品に関わった演出家とプロデューサーを迎えてアニメを制作した。監督を務めた百瀬義行は『火垂るの墓』『おもひでぽろぽろ』などをはじめ、多くのジブリ作品に参加した経歴を持つ。
アニメーターや美術スタッフにもジブリ作品の経験者が集った。CMの自然風景は『となりのトトロ』の山や『崖の上のポニョ』の海を想起させる仕上がりとなった。

本作には百瀬監督ならではのこだわりが注がれている。たとえば新幹線の走行カットはすべてを背景美術で描くという手法を採用した。乗り物はCGだけで描くと機械的になりがちだが、これによって世界観と調和しながらも存在が際立つ新幹線が生みだされた。
アフレコ現場では、大人も子供もジャンプをしたり、その場で実際に走ったりする異例の収録を敢行。これは楽しく明るい家族を描こうという演出方針ゆえに考案されたものだ。家族みんなが元気いっぱいで、聴いている方も楽しい気分になってしまう声色に注目したい。

さらにバーベキューの場面も必見。「もうすこし美味しそうに表現したい」と締切ギリギリまで作業を続けた。デジタル上で具材の色を直したり、タッチを加えたりして、素材の旨みをプラスしていった。
最終チェックではおばあちゃんがひっくり返したナスが焼けていないというアクシデントも発生したが、焼き目を追加することで美味しそうなバーベキュー風景ができあがった。いますぐ旅行に出かけたい気持ちになるようなワクワク感にあふれた15秒のCMだ。

(2015年06月26日 RBB TODAY)《高橋克則》

関連記事