クリエイティブ業界の注目情報や求人情報などを発信する、クリエイターのための総合情報サイトです。
news_general_header2

フジテレビ、世界最大のインターネット動画配信ネットワーク・米Netflixとオリジナルコンテンツの制作で合意

20150618

フジテレビは、世界50カ国、会員数約6,200万人を誇る、世界最大のインターネット動画配信ネットワーク・米Netflixに対し、『テラスハウス』の新作『TERRACE HOUSE NEW SEASON COMING』(仮)と、連続ドラマ『アンダーウェア』(英題:Atelier)の2つのオリジナルコンテンツを制作、供給することを発表しました。両作品とも日本でのネットフリックスのサービス開始と同時に、独占Premiere(先行)で放送に先駆け配信されます。

『テラスハウス』は、2012年10月12日から2014年9月29日にフジテレビ系列で放送されていた、シェアハウスで同居する男女6人の青春模様を記録したリアリティーショー。台本はなく、彼らのキラキラした生活を描いた今までにないテイストが、10~20代の若者を中心に多くの支持を得ました。また、地上波放送だけでなく、放送しきれなかったサブエピソードなどのオリジナル映像を配信した番組公式YouTube動画が、累計2億8,000万回と高い再生数を記録。さらに、この2月には映画「テラスハウス クロージング・ドア」も公開され、この種の映画では異例の大ヒットとなるなど、根強い人気を誇っています。番組復活を望む声が絶えない中での新作となります。公式サイトでは、新たな住人の募集もスタート。真新しいメンバーたちを迎えて贈る新シリーズが、Netflixとフジテレビの様々なメディアに登場します。

一方、連続ドラマ『アンダーウェア』(英題:Atelier)は、フジテレビが制作するまったく新しいオリジナルドラマです。主人公・繭子が、銀座の高級下着メーカーに就職。それまでの彼女の人生にはなかった新たな価値観の世界で、戸惑いながらも奮闘、成長し、アメリカンドリームならぬジャパニーズドリームを掴んでいくストーリーです。華やかな下着メーカーを舞台に、働く女性の姿を爽やかに描く「お仕事系青春小説」ドラマとなります。

いずれも、Netflixにて独占で先行配信した後、地上波での放送に加え、動画・コミック配信サービス「FOD・フジテレビオンデマンド」で配信される予定とのこと。

フジテレビでは、かねてより方針を打ち出している、地上波放送、BS放送、CS放送、インターネットといった4つのメディア「4M」を駆使した戦略的なコンテンツ展開を進めていくようです。

(2015年06月18日 CREATIVE VILLAGE編集部)

関連記事