クリエイティブ業界の注目情報や求人情報などを発信する、クリエイターのための総合情報サイトです。

東京国際映画祭、上海国際映画祭と協力提携を発表 吉田大八監督『紙の月』ほか全27作品上映

20150611

ロゴ

今年で28回を迎える東京国際映画祭は、今週13日より開催される上海国際映画祭との協力提携を発表しました。

アジアの主要映画祭として共に発展していくことを目指し、具体的には「それぞれの映画祭で選ばれた、新しい才能を推薦する」「相互にコンペティション部門への作品を推薦する」「国際審査委員の相互映画祭への推薦」「相互の映画祭にて特別上映事業を行う」「フォーラムや、開会式、閉会式に相互のゲストを招聘するよう協力する」「人材交流を図る」などの覚書が交わされたようです。

そして、今回の上海国際映画祭で上映される日本映画は第27回東京国際映画祭コンペティション部門、主演女優賞・観客賞受賞『紙の月』(吉田大八監督)、日本映画スプラッシュ部門、作品賞受賞『百円の恋』(武正晴監督)日本映画スプラッシュ部門スペシャル・メンション『滝を見にいく』(沖田修一監督)、アジアの未来部門出品作品『マンガ肉と僕』(杉野希妃監督)など全27作品を予定しています。

<上海国際映画祭コメント>
上海と東京は同じアジアの都市で、アジアの映画業界をサポートしていく責任があると思います。欧州の映画祭の数々は映画関係者から注目を浴びているのは明白ですが、それでも東京や上海がアジア映画に関して、その認知度を高め、応援を表明していくことで、少なくともアジア映画業界人からは信頼されていくのではないかと思っています。この覚書締結を機に、上海で選ばれた日本映画の宣伝効果が見られたり、その逆が中国映画に起こることを期待しています。

■第18回上海国際映画祭
開催期間: 6月13日(土)~21日(日)
http://www.siff.com

<出品日本映画一覧(予定)>
『愛を積むひと』 朝原雄三監督
『駆込み女と駆出し男』 原田眞人監督
『紙の月』 吉田大八監督
『岸辺の旅』 黒沢清監督
『さいはてにて~やさしい香りと待ちながら』 姜秀瓊(チアン・ショウチョン)監督
『三里塚に生きる』 大津幸四郎監督 代島治彦監督
『ジヌよさらば~かむろば村へ~』 松尾スズキ監督
『映画 深夜食堂』 松岡錠司監督
『青春残酷物語』 大島渚監督
『滝を見にいく』 沖田修一監督
『天の茶助』 SABU監督
『花とアリス殺人事件』 岩井俊二監督
『百円の恋』 武正晴監督
『夫婦フーフー日記』 前田弘二監督
『2つ目の窓』 河瀨直美監督
『ポプラの秋』 大森研一監督
『ぼんとリンちゃん』 小林啓一監督
『マンガ肉と僕』 杉野希妃監督
『味園ユニバース』 山下敦弘監督
『予告犯』 中村義洋監督
『ロマンス』 タナダユキ監督
『0.5ミリ』 安藤桃子監督

<高倉健 トリビュート上映作品一覧>
『網走番外地 望郷篇』(65年) 石井輝男監督
『君よ憤怒の河を渉れ』(76年) 佐藤純彌監督
『幸福の黄色いハンカチ』(77年) 山田洋次監督
『遙かなる山の呼び声』(80年) 山田洋次監督
『鉄道員(ぽっぽや)』(99年) 降旗康男監督 回顧特集オープニング作品

■第28回東京国際映画祭
開催期間: 10月22日(木)~10月31日(土)
会場:六本木ヒルズ(港区)ほか
主催:公益財団法人ユニジャパン(第28回東京国際映画祭実行委員会)
http://2015.tiff-jp.net/ja/

■関連リンク
VILLAGE CAFEインタビュー 映画『紙の月』監督 吉田 大八さん
http://www.creativevillage.ne.jp/cafe/d_yoshida.html

 

(2015年06月11日 CREATIVE VILLAGE編集部)

関連記事