クリエイティブ業界の注目情報や求人情報などを発信する、クリエイターのための総合情報サイトです。
column_general_header

【HTML】metaタグ:『X-UA-Compatible』はよっぽどでなければ設定する必要はないかもしれません。

【meta X-UA-Compatible】をわざわざ指定する必要はあまりないかもしれません。

  

  <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content=IE=edge">
  

この指定をするとInternet Explorerを使用している人が最新バージョンでサイトを表示する、例えばInternet Explorer8の人でも最新バージョンのInternet Explorerと同じ様に見られるようになる、と誤解している方が多くいるようですが、実際は違います。

正確には『利用できる中で互換性のモードを設定できる』ということです。
実際はどちらかと言うと、下位互換またはバージョンの指定、といった感じではないでしょうか。

【content=”IE=edge”】というのは、例えばIE8を使用していた場合、IE8の最新で表示、【content=”IE=EmulateIE7″】と指定すれば、IE8を使用していたとしてもIE7の標準モードで表示する、といった指定の方法です。

これは、例えばIE6が最新バージョンだった頃に制作されたサイトだった場合、IE7以上のバージョンのブラウザが出てきた際にレイアウトが崩れたり、違う動きにならないようにバージョンを指定する、といったことからIE8から導入されたもののようです。
なので、本来は【content=”IE=edge”】という指定はあまり良くない可能性のある指定です。

ただ、現在の世の中の動きとしては、IEはとにかく最新バージョンの最新のものを使用してもらった方が、他のGoogle ChromeやSafari、Firefoxなどのモダンブラウザと言われているブラウザとほぼ同じような動作になるため、とにかく最新を使ってもらいたいという場合が多いので、そういう場合は指定してもいいのかもしれません。

参考サイト

author

narumasa(なるまさ)

http://narumasa.com


フリーランスのWebクリエイターとして2001年から活動。
レコーディング・エンジニアとして職歴をスタートし、Webの勉強をすべくスクールに通い、デザイン会社のWebデザイナーへ。2001年に退職後、フリーランスのWebクリエイターとして活動しつつ、商品企画会社に入社し、企画プロデューサー・取締役を経て、再びフリーランスに。
現在はフリーランスのWebクリエイターとして数々の大企業のホームページから街の商店のホームページまで、1人で企画からディレクション、デザイン、コーディング、プログラミングまで全てを担当している。

関連記事