クリエイティブ業界の注目情報や求人情報などを発信する、クリエイターのための総合情報サイトです。
interview_general_header

【前編】映画監督 山田 雅史さん

2012/4/21(土)より公開された映画『×ゲーム2』の監督である山田 雅史さんに、これまでの生い立ちやクリエイターへのアドバイスなど、お話しを伺いました。今回は、その前編をお届けします。

 

■「なんともいえない世界観をつくりたい。」

幼い頃から絵を描くのが大好きで、将来は漫画家になりたいと思っていて、『ドラゴンボール』や『北斗の拳』などをよく読んでいました。 特に中学生の時に観た『AKIRA(アキラ)』に衝撃を受け、大友 克洋さんの漫画は全て読みましたね。

とにかくずっと絵を描いていたのですが、デザインを本格的に勉強したくて京都高等工芸専門学校(現・京都芸術高等学校)に進学しました。 なかでもシュルレアリスムを代表するサルバドール・ダリやルネ・マグリットのような抽象画に表現されているような、 いわゆる“空想の世界”が今でも大好きですね。

yamada01また、小さい頃から父親が映画好きで、家でよくチャールズ・チャップリンの映画を観ていたのですが、無声映画だったので父親がチャップリンのモノマネをしながら字幕を読んでくれていました。

映画に興味を持った決定的な瞬間は、当時TVでデビッド・リンチ監督の映画を偶然観た時です。何がなんだか意味はわからなかったのですが、妙に心に残ったんです。

 

■「やっぱり映画だな」

そして「自分もやってみたい。観てくれた人の心に残る、なんともいえない世界観をつくりたい。」と思い、ビジュアルアーツ専門学校大阪へ進学し、シナリオ制作から撮影までイチから勉強しました。在学中は主に短編の自主映画を撮っていました。

実は30歳を過ぎてから上京したんです。それまで関西に居た頃はHi8(ハイエイト)でラブストーリなんかの自主映画を好きなように撮っていたのですが、 東京に出たらとにかく何でも仕事をしなきゃいけなくて。「やっぱり映画だな」と思ったときに、縁があったのがホラー映画などの制作会社でした。

仕事がきっかけでホラーやサスペンスといったジャンルの作品に携わるようになったのですが、そこから学んだ手法や表現はたくさんあります。

 

■ 映画『×ゲーム2』について

著者である山田悠介さんの同名小説の映画『×ゲーム』の1作目がヒットして、2作目の監督としてオファーをいただいたんです。

それまではホラーの仕事が多く、「ホラー映画の監督」というイメージが定着してしまっているようなので、今回はサスペンス映画ということで、そのイメージを払拭したくもあり受けました(笑)

yamada03イジメの復讐を代行する組織がある- そんな噂が巷で囁かれていた。その噂について週間誌の編集マンが取材をすることに。

その頃、複数の人間が学校と思わしきところに監禁される。徐々に組織に近づく編集マンと監禁されたメンバーが課せられる×ゲーム。

ゲームが進むにつれで見えてくる不可解な事実とは・・・。

年齢も職業も性別もバラバラの5人の男女が何者かにより密室状態の教室に監禁され、「授業」と称したサバイバルゲームに強制的に参加させられるのですが、その真相は物語のラストに明らかになります。

廃校で撮影していたのですが、屋内なので撮る方も撮られる方も昼なのか夜なのか、時間の感覚がおかしくなってくるんですよ。そういった意味ではストーリー同様、監禁された状態でしたね。

また物語の最後のシーンでどうしても起用したいアイデアがありました。それは監禁された男女が天井から垂れ下がっていたロープにすがりつくように昇って行くシーン。
yamada04

地獄から脱出するため極楽を目指して糸を昇る途中、ふと下を見下ろすと数限りない罪人達も自分の下から続いてくる。糸が切れることを恐れ「下りろ」と叫んだ瞬間、糸が切れ再び地獄に堕ちてしまった芥川龍之介の『蜘蛛の糸』の描写を取り入れたかったんです。

他にもくすっと笑えるシーンをいくつか作りました。本当はもっと入れたかったのですが「監督はこの映画をコメディーにするつもりですか?」って言われちゃったのでやめときました(笑)

 

■ 手のひらで“ころがされる感”がたまらない

記憶に古いもので映画館で初めて観た映画は、『ゴジラvsビオランテ』。『AKIRA(アキラ)』は漫画とはまた違った表現が印象的でした。

最近の作品だと瀬々敬久監督の『ヘヴンズ ストーリー』。構想期間は5年で、20人以上の登場人物が複雑に絡み合う全9章のドラマ仕様で上映時間が4時間以上ある作品なのですが、観てる側が手のひらで“ころがされる感”がたまりませんね。

あとはキリスト教の「七つの大罪」をモチーフにした連続殺人事件の模様を描いた『セブン』。デヴィッド・フィンチャー監督の作品は、じめっとした独特な世界観が好きです。

後編はこちら


yamada05
2012年4月21日(土) 公開 全国ロードショー

多田愛佳(AKB48/渡り廊下走り隊7)
平嶋夏海
ユキリョウイチ
白石 朋也
滝 佳保子
市川 悟
朝加 真由美/菊池 均也/瀬戸カトリーヌ
名高 達男
原案:山田悠介/「×ゲーム」(幻冬舎文庫)
脚本:赤松義正
監督:山田雅史
主題歌:ν[NEU] 「Restless Love」

2010年秋、公開した山田悠介の原作『×ゲーム』にオリジナル感を加え、映像化で若者たちに衝撃を与えたこの作品は、幼き頃にイジメを受けた者が大人になり、イジメのスケールが拡大された復讐劇となり、人間性と、前回を上回る地獄の体罰を描いている。

そして本作の注目する点はもうひとつの点は、前作に出演したAKB48内のユニットグループ「渡り廊下走り隊」の菊地あやかと仲川遥香からバトンタッチされ、主演に多田愛佳が好演。

よりサスペンスに、よりハードに執行されたイジメの復讐劇にご期待ください。
©2012「×ゲーム2」フィルムパートナーズ

85

山田 雅史(やまだ ・まさふみ)

1976年生京都出身
高校時代デザイン科に所属。シュールレアリストの影響を受け主にイメージ画を制作。


1996年ビジュアルアーツ専門学校大阪入学。在学中は主に短編作品を制作。


2001年初の長編「RIDDLE」を制作 本作では自ら主演、撮影、編集を行い2001年大阪シネ・ヌーヴォにてレイト公開される。


2004年「つぶろの殻」を制作。PFF2004に入選し観客賞を受賞。
同年、映画批評家トニー・レインズ氏に評価されバンクーバー国際映画祭、プサン国際映画祭、サラエボ映画祭等にて上映される。


2005年大阪で開催された第1回CO2映画祭にて「堤防は洪水を待っている」を制作。
選考委員の黒沢清監督から「世界的に相当ハイレベル」と高い評価を受ける。


2008年からは「ほんとうにあった怖い話」シリーズ等のホラー商業作品を手掛け2009年に「ひとりかくれんぼ劇場版」が全国公開され新たな視点で恐怖を追求した作風が高い評価を得る。


2011年シマフィルム製作「天使突抜六丁目」公開。現在も全国各地で上映が続いており2012年春には最新作「×ゲーム2」が公開。

関連記事