クリエイティブ業界の注目情報や求人情報などを発信する、クリエイターのための総合情報サイトです。
2301_TOP

『ひるね姫』―リアルと現実の世界をつなぐ“魔法”に人工知能技術を取り入れて描く、少し先の未来~SENSORS IGNITION 2017 トークセッションから~

日本テレビが制作する番組「SENSORS」(毎週土曜深夜に放送中/関東ローカル)による番組発のイベント『SENSORS IGNITION 2017』が2017年3月23日に開催。真鍋大度氏や齋藤精一氏など、日本のクリエイティブシーンをリードするトップクリエイターが一堂に会し、トークセッションを繰り広げました。今回はその中から、現在『ひるね姫~知らないワタシの物語~』が公開中のアニメーション映画監督、神山健治氏と、筑波大学助教でメディアアーティストの落合陽一氏によるセッションでのトークをご紹介します。

2020年に向かう日本の“今”を切り取った作品『ひるね姫』

主人公の森川ココネの得意技である「昼寝」。そこで見る夢の世界と現実の世界をまたいで繰り広げられる冒険旅を描いたファンタジーアニメ作品『ひるね姫』。「ものづくりという要素をいれようと考えていた」という神山監督は、夢と現実の世界をつなぐための“魔法”として自動運転技術を取り入れたと言います。
落合氏は「神山監督は“今”を切り取るのがうまいと感じました。自動運転技術は今まさに日本産業の未来を担うカギとなるもの。僕自身もこの技術にコミットして自分のラボで研究の真っ最中です」と話しました。
監督は「今社会で起きている一番大きな問題と結びついた作品を作るのが僕のドラマ作りの基本スタイルなんです。ひるね姫では、主人公ココネのような社会にあまりコミットしていない学生とか若い世代からストーリーをスタートさせて、最終的に社会と結びつけたときにどういう反応が起きるのかなという実験的要素も含んだ作品になりました」と説明しました。

また、この作品は主人公ココネの祖父にあたる、日本において自動車が一大産業となり、また東京オリンピックの開催という華々しい時代を生きた世代と、それら成功体験を追体験しつつ、行き詰まりも感じているココネの父親世代も合わせた3世代が登場する設定。これに対して落合氏は「世代によって見方が違ってきて、いろんな意見も出るしすごく面白い作品」と見どころの一つとして評しました。

企画の初期段階から“ものづくり”の要素を入れようと考えていたという神山監督。そこからハードウェアが“リアル”で、ソフトウェア(IT技術)が“魔法”という対比を思いついたと言います。ココネが行き来する夢と現実をつなぐ自動運転技術が、映画公開となる2017年に、ここまで進化するとは脚本段階では想像がつかなくて「現実に追いつかれてしまった感があります(笑)」とコメントしました。
これまでのSF作品では、想像もつかないような未来が描かれたものが多くありましたが、それが現実の世界に表れ始めている今、「予測可能な未来は良くない」と落合氏は述べました。「裏を返せば、イノベーションが起きていないということ」(落合氏)。
神山監督は、「SF作品が担うはずの、むちゃくちゃな夢の世界を描いて、それを現実世界と照らし合わせて検証する、ということが出来なくなってきましたね」と応えました。
最後にこれからも新しい作品を作っていきたいという制作意欲を述べられた神山監督。次はどんな未来を私たちに見せてくれるのでしょうか。

映画情報

(c)2017ひるね姫製作委員会

(c)2017ひるね姫製作委員会

『ひるね姫~知らないワタシの物語~』
2017年3月18日(土)全国ロードショー
◆原作・脚本・監督:神山健治
◆キャスト:高畑充希、満島真之介、古田新太、釘宮理恵、高木渉、前野朋哉、清水美沙、高橋英樹、江口洋介ほか
◆音楽:下村陽子
◆キャラクター原案:森川聡子
◆作画監督:佐々木敦子、黄瀬和哉
◆演出:堀元宣、河野利幸
◆制作:シグナル・エムディ
◆配給:ワーナー・ブラザース映画 ©2017 ひるね姫製作委員会
公式サイト:http://www.hirunehime.jp
公式twitter:https://twitter.com/hirune_hime

(2017年4月10日 CREATIVE VILLAGE編集部)

関連記事