クリエイティブ業界の注目情報や求人情報などを発信する、クリエイターのための総合情報サイトです。
TOP_resize

CRAZYという舞台で“オンリーワン”なクリエイティブに挑戦する!株式会社CRAZY|C&Rコンサルタントのイチオシ求人

クリーク・アンド・リバー社のコンサルタントがオススメしたい求人を厳選!ウェディングの既成概念を打ち破る「CRAZY WEDDING」がアートディレクターを募集!
「人生が変わるほどの結婚式」をコンセプトに、オンリーワンのオリジナルコンセプトウェディングを手掛け、顧客満足度No.1(※「結婚式ナビ」調べ)も獲得するなど、急成長中のCRAZY。そのクリエイティビティから、社員の人生観までも変えてしまうほどのカルチャー、求める人物像をチーフアートディレクターの林 隆三さんに伺いました。

profile林 隆三(Ryuzo Hayashi) 株式会社CRAZY  Chief Art Director/Interior Stylist
インテリアデザイン会社にて意匠設計やインテリアコーディネートをはじめとして、オリジナルプロダクトのデザインなどを担当。ゼネラルな能力も評価され、海外の最先端現代デザイナーをより広く認知していくための国内マーケティングプロモーションも担当する。
その後、空間スタイリストとして、アーティストのCDジャケットやPV撮影での美術スタイリングやイベントの空間演出に従事。現在は、CRAZY WEDDINGのアートディレクターとして数々のウエディングの空間装飾やイベントの演出を手掛ける。

業界未経験から新たなステージで、誰もが感動する“オンリーワン”なクリエイティブにチャレンジ

現在CRAZY WEDDINGではアートディレクターが7名、デザイナー4名という体制で、年間数百件もの結婚式をプロデュースしています。具体的には、まずプロデューサーがお客様からお二人の人生についてヒアリングし、挙式のコンセプトを紡ぎ、そのコンセプトにあったコンテンツを提案します。その内容をもとに、我々アートディレクターがコンセプトにふさわしい空間装飾、ビジュアルを企画し、提案する、というのが一連の流れです。

6089_差し替え私たちはまず場所から提案します。屋内だけでなく、公園やキャンプ場など屋外も含め、あらゆる立地での挙式が可能なのがCRAZY WEDDINGです。空間全体のデザインから、小物一つにまでこだわり、世界のどこにもない、お二人だけのオンリーワンの結婚式をゼロから作り上げていきます。
メンバーは皆ウェディング業界の経験はゼロ。ただ、美術系のバックグラウンドを持ち、Web、プロダクトデザイン、ディスプレイ、フラワーデザインなど、幅広い分野で経験を積み重ねてきています。

僕自身も業界未経験で入社しました。CRAZYから声をかけてもらった際に、「ウェディング業界の経験はないし、興味もない」とはっきり伝えたのですが、「業界経験や知識がないからこそいいんだ」と言われたんです。CRAZY WEDDINGが提案する結婚式とは、既存の常識を覆すような、新しいもの。だから、むしろ知らない人の方がいいと。それならばと、CRAZY WEDDINGに外部パートナーとしてアートディレクションに参画したのが、創業1年目の時でした。

作ったものの先にある感動や幸せをダイレクトに実感できる

異業種で磨いたスキルをウェディングというステージでアウトプットすることはとてもチャレンジングで、いつも試行錯誤の連続です。苦労の末にカタチになった結婚式を挙げたお二人や、ゲストの方々がみんな感動して喜んでいて、その場が大きな幸福感に包まれている。そんな光景を目の当たりにしたときに、自分の提供した世界観がしっかりと価値を発揮して伝わっている、そんな手応えや大きなやりがいを実感します。
これまで、いろんなモノづくりに携わってきましたが、“作ったら終わり”ということに物足りなさを感じていました。自分が作ったものがその先、何にどう影響するかということまで追求していきたい。たぶんモノづくりに携わるクリエイターの本質的な欲求はそこにあるのではないかと思っています。それがCRAZYでは実現できているので、満足度は高いですね。

Weddingphoto一つとして同じものはないコンセプトウェディングを手掛けているので、すべてが非常に印象深いのですが、一昨年には初めてスポンサー付きのウェディングを手掛けました。郊外のアウトレットモールの企画で私たちにプロデュースをオファーいただいたものです。初めてのBtoBの企画で、式を挙げるお客様だけでなく、クライアントにも喜んでいただけたというのが印象的でしたし、各界からも非常に注目されました。
CRAZYはビジネスとしては業界の認知度があるのですが、クリエイティブ領域での知名度はまださほど高くないんですね。ですのでこのケースは今後につながる業績として残せたことは大いに良かったと思っています。

今後はウェディングという枠だけにとらわれず、もっと幅広い分野でクリエイティビティを発揮したいと考えています。たとえば行政と何かコラボレーションするとか、国際的なイベントとか、影響力のある組織や団体と組んでスケールの大きなものも、ゆくゆくは手掛けていきたいなと考えています。

互いをリスペクトし合える信頼関係で結びついた“同志”が集う場所

外部パートナーとして参画して1年がたったころ、改めて「社員としてジョインしないか」とオファーをいただきました。これまでCRAZY WEDDINGに携わってきて、最初はあまり興味がなかったけれど、徐々にビジネスの可能性を感じてきていました。事業性に優れているだけでなく、経営理念も素晴らしい。こんな可能性にあふれた会社に自分が認められ、必要とされていることはとても光栄なことだし、うれしかったですね。当時CRAZYはまだ2期目でしたから、創業メンバーに近い立場で仕事ができるのは、後にも先にも今しかないのかなと思い、このチャンスを逃すのは惜しいという気持ちも湧いてきました。そして最後はもう直感で入社を決めていましたね。「オレの人生ドラマチックになりそう!」って(笑)。
そしてその2ヵ月後には正式にCRAZYのメンバーとして早速仕事をスタートしました。

6139_差し替えCRAZYに惹かれたもう一つの理由は、メンバーの人間性ですね。一人ひとりの自立心がとても高く、職種はバラバラだけど、全員が志を一つにして、同じ方向を向いている。そしてお互い尊敬しあい、高めあっているという関係性を築いています。
日頃から密なコミュニケーションを図っていて、メンバーの良いところ、もっと伸ばすとよい点などを率直に伝えるんですね。毎朝行う朝礼では、みんなが日々感じていることを話し合ったり、毎週持ち回りで自分が作った作品をプレゼンして評価し合う場も設けています。

ちなみに、入社時は全社員に向けて自分の人生についてプレゼンテーションすることになっているのですが、その人がどういう人生を歩んできて、どういう人なのかという「人間性」を重要視しています。こうした取り組みを私たちは日常的に、かつ自然に繰り広げているので、いわゆる評価制度というものは存在しないんです。評価されるために僕たちは働いているわけではないので。だから皆とても自然体で、自分も相手もリスペクトしながら働いている。はたから見ると、「まるで家族のよう」と思われることもよくありますが、それよりも、「価値観が結びついた同志たちが集まる場所」、それがCRAZYらしさだと、僕自身は思っています。

自分の可能性を広げたい、自分らしく働きたい、自己実現をCRAZYで叶える

これを話すとちょっとびっくりされるのですが、採用選考では、その人が一番幸せになれる方法を一緒に考えるんです。お互い話し合った結果、うちではなく他の選択肢の方がいいだろうという結論に達したら、じゃあそれが何か、というところまで突き詰めて考えるんですね。仕事をする上で、どちらか一方が幸せであることを良しとせず、お互いが幸せになれるかどうか、その人にとってうちがふさわしい環境であるのかどうかを見極めていきます。

メンバーは教育業界や人材コンサルに関わっていたものが多いからか、“働くこと”とは、単なる仕事と割り切れない、人の人生に大きな影響を与えるものとして捉えています。経験や能力よりも、その人が自分の人生をどう考えているのか、そしてCRAZYで働くことでどんな人生をデザインしていきたいか、という気持ちを重要視しています。それを明確にすることで、働き方や人間関係が健全になり、モノづくりに対してアグレッシブになれると思うんです。
既成概念に捉われない、CRAZY流のワークスタイルで、もっと自分の可能性を広げていきたい、自分らしく生きたい、そう思われたらぜひ、CRAZYに飛び込んできてください!
3
 

C&Rコンサルタントの求人“ココがオススメ”!

吉田さん

担当/吉田

CRAZYの魅力は「人」。
オフィスには全メンバーのポートレートが掲げられているのですが、写真に映る全員が活き活きとした良い表情をしています。
一人ひとりの自立心が高く、仕事もプライベートも全力で突っ走っている人たちが集まっている、魅力的な組織です。
完全オーダーメイドのウェディングという、これまでの結婚式の常識を変えたCRAZY WEDDINGは、業界を越えてメディアでも注目されています。
人生に何度もないイベントをお客様と共に設計し、同じものが二つとない空間を創り出すこの仕事は、他の業界ではなかなか味わえない楽しさや喜びがあるといいます。
既存メンバーの前職は、インテリア、Web、プロダクト、ディスプレイ、広告など活躍してきた領域がさまざま。
身につけてきたスキルや得意分野を存分に発揮し、一度きりのイベントをチームで創り出すことに魅力を感じた方は、ぜひご応募ください!

募集職種 【アートディレクター(空間デザイナー)】オーダーメイドウェディングのコンテンツ企画制作~アートデザインまで感性を活かしたモノづくりに携わる

仕事内容 世界に一つしかない、オンリーワンのオーダーメイドウェディングを手掛けている「CRAZY WEDDING」にて、コンセプトに合わせたコンテンツの企画からデザイン、制作まで携わっていただきます。
企画に合わせて選定した屋内・屋外の会場となる空間そのものをデザインします。また、細部のディテールまでこだわったデザインを形にするため、衣装や小物一つひとつに至るまでオリジナルで作製します。
応募資格 グラフィックデザインや空間デザインなどに携わったご経験のある方(年数・業界経験は不問)
【こんな方は歓迎します】
・広告代理店やイベント会社にてイベントの装飾や照明デザインなどに携わった経験
・建築事務所などにて店舗デザインやディスプレイ装飾などに携わった経験
・TV番組制作会社などにてテレビや舞台の装飾に携わった経験
雇用形態 正社員
給与 年俸制400万円~600万円(能力に応じて金額は応相談)
勤務時間 10:00~19:00(所定労働時間 8時間)
勤務地 都営地下鉄大江戸線 「両国駅」 A2出口より 徒歩6分

求人の詳細・応募はこちらから
logo

会社プロフィール

創業3年半でオーダーメイドウェディングの事業化に成功、初年度から売上1億円の黒字計上、現在も毎年200%を超える成長を記録しています。
ウェディングを事業の軸とし、ケータリング、カフェ、ITでも事業を展開。経営者の擁立と分社化も実現するなど、さらなる発展を目指し、社員一丸となって邁進中です。

■ 社名  :株式会社CRAZY
■ 所在地 :東京都墨田区石原1-35-8
■ 設立  :2012年7月2日
■ 代表者 :代表取締役 森山 和彦
■ 事業内容:ウエディングプロデュース事業、インターネットマーケティング事業
■ URL:www.crazy.co.jp

この求人に関するお問い合わせ

株式会社クリーク・アンド・リバー社
担当/吉田
Tel:03-4550-0002
Mail:shokai2@hq.cri.co.jp
求人の詳細・応募はこちらから

関連記事