クリエイティブ業界の注目情報や求人情報などを発信する、クリエイターのための総合情報サイトです。

と、コラボ Vol.23 言いなりのデザインから卒業したい! アートディレクターに学ぶデザイン提案術

「と、コラボ」とは?
一方的に話を聞くセミナーではなく、自分から参加し、学び、発言していくセミナー。
企業と企業がコラボし、クリエイターとクリエイターがコラボし、スキルを高めていく場、「と、コラボ」です。

言われるがままに出し直ししているそのデザイン、もう終わりにしませんか?

UI/UXという言葉が現れた頃から、デザイナーに求められる知識やスキルは、広く複雑なものに変化してきました。「かわいい」や「かっこいい」といった曖昧な表現ではクライアントやチームメンバーとの共通認識を作ることは難しく、デザイン提案において客観的な考察を求められる場面も増えてきているのではないでしょうか。

今回の「と、コラボ」は、そんな環境の中でステップアップを望むWebデザイナーの方々を対象にしたセミナーです。根拠のある、そして意図の伝わるデザインを提案するために、すぐに現場で活用できるアートディレクションの方法をわかりやすく解説します。
前半では事例をもとに、チームメンバーやクライアントと、多様化する“デザイン”に対する共通認識を持つための方法論を座学形式で学んでいきます。後半ではワークショップを通して、より効果的なデザインを生み出す秘訣を体験していただきます。

ご登壇いただくのはデジタルからアナログまで、あらゆるメディアに適応する「自立するデザイン」を提唱・実践する、株式会社アイデアスケッチの山口真人氏。
山口氏が考案した「ミニマルポップ」と呼ばれるデザインメソッドは、まるでインターネットそのもののように、多くの人たちの手を介し、様々に拡張されていきます。

山口氏はクライアントワークのみならず、Webサービスの開発やオリジナルフォントの制作、現代アートの創作など、多岐に渡ってそのクリエイティビティを発揮しています。

山口真人氏の紹介記事
https://job.cinra.net/special/ideasketch/
株式会社アイデアスケッチ Webサイト
https://www.ideasketch.jp/

 

本講座は下記のような方に最適です。

・デザイナーからアートディレクターへのステップアップを目指している方
・チーム内でのデザイン定義の“見える化”に課題を感じている方
・デザインの出し戻しの回数を減らしたいと考えているデザイナーの方

 

クリーク・アンド・リバー社へすでにご登録がお済の方はセミナー参加費無料!また、まだご登録がお済でない方もご登録をしていただくと無料で受けられるセミナーです。今後のキャリアアップやステップアップにお悩みの方にはキャリアカウンセリングも行っています。

 

登壇者

山口 真人(ヤマグチ マサト)氏 アートディレクター・ペインター(株式会社アイデアスケッチ )
法政大学を卒業後、デザインスタジオ「アイデアスケッチ」を設立。グラフィックデザインを中心にアートディレクション、グラフィック、WEBなど、多様な領域で活動を行っている。主な仕事にApogee、椎名林檎、RocketmanなどのアートワークやPVがある。東京の価値観を軸に現代美術の作品をサンプリング、マッシュアップした「Plastic Painting」のシリーズが話題を呼び、ニューヨークで 「MADE IN TOKYO」東京で「Plastic Painting」の個展を行っている。デザインとアート領域を行き交うクリエーターとして活動している。

 

開催概要

日時 2016年11月19日(土) 14:00~18:30(13:30~受付開始)
会場 株式会社クリーク・アンド・リバー社 2Fセミナールーム
東京都千代田区麹町2丁目10番9号 C&Rグループビル
地図はこちら
定員 30名 ※応募多数の場合、早めに締め切らせていただくこともございます。
対象 Web/広告領域の現職デザイナー
ハッシュタグ ♯tocolabo
参加費 クリーク・アンド・リバー社へご登録済みの方…無料
登録されていない方…1,000円
※ご登録を希望される方はお申し込みフォームにてご希望をお聞かせください。

 

クリーク・アンド・リバー社登録について
登録していただくと、クリエイティブ業界を熟知したエージェントが転職市場の動向やキャリアアップ・スキルアップ方法などをアドバイスします。転職をお考えの方にはお仕事のご紹介をいたします。また、おトクな優待情報のご利用などもできます。


応募は締め切りました。

お問い合わせ

株式会社クリーク・アンド・リバー社 
と、コラボ担当:篠崎
電話:03-4550-6058
Mail:bcgstaff@hq.cri.co.jp

関連記事