クリエイティブ業界の注目情報や求人情報などを発信する、クリエイターのための総合情報サイトです。
news_general_header

「アナ雪」の黒板アートで話題の女子高生が、宮部みゆき最新作『過ぎ去りし王国の城』のカバーイラストを担当!

直木賞作家・宮部みゆきの最新作『過ぎ去りし王国の城』は、現代の闇と光をあぶり出し、今を生きるすべての人にあたたかなエールを贈る、人の”居場所”を探す物語。

20150402

4月24日(金)に発売される同作は、カバーイラストを女子高生の”れなれな”さんが担当することでも話題になっています。彼女がこのイラストを描くきっかけとなったのは、1月に彼女が描いた「アナと雪の女王」を模写した黒板アート。Twitter上にアップされたこの画像は、50,000回以上のリツイートがされ、まとめサイトもいくつも立ち上がり、注目を集めていました。

それを見て、本作の発行元であるKADOKAWAサイドが、宮部さんの新作のイメージにぴったりということで執筆のオファーをかけ、実現に至ったそうです。

今回の黒板アートは『過ぎ去りし王国の城』の世界に登場する”ヨーロッパの古城”をイメージしたもの。制作に6時間をかけ完成した秀逸な一品となっています。

20150402_1

■書籍情報
宮部みゆき『過ぎ去りし王国の城』

概要:
居場所なんか、どこにもなかった…
気まぐれな悪意と暴力、蔑みと無関心が、いたいけな魂を凍りつかせる。ネグレクト、スクールカースト、孤独や失意……ふるえる心が共振するとき、かつて誰も見たことのない世界が立ち現れる…。

早々に進学先も決まった中学3年の2月、ひょんなことから中世ヨーロッパの古城のデッサンを拾った尾垣真。やがて絵の中にアバター(分身)を描きこむことで、自分もその世界に入りこめることを突き止める。友だちの少ない真は、 同じくハブられ女子で美術部員の珠美にアバターを依頼、ともに冒険するうち、探索仲間のパクさんと出会い、塔の中にひとりの少女が閉じ込められていることを発見する。それが10年前のとある失踪事件に関連していることを知った3人は……。

発行:株式会社KADOKAWA
編集:角川書店
発売日:4月24日(金)
定価:1600円(税別) 四六版上製

『過ぎ去りし王国の城』特設サイト
http://www.kadokawa.co.jp/sp/sugisarishioukoku/

 

■関連リンク
宮部みゆき原作『ソロモンの偽証』を映画化!
『ソロモンの偽証 前篇・事件』『ソロモンの偽証 後篇・裁判』
監督 成島 出さんインタビューhttp://www.creativevillage.ne.jp/cafe/narushima.html
(2015年04月02日 CREATIVE VILLAGE編集部)

関連記事