クリエイティブ業界の注目情報や求人情報などを発信する、クリエイターのための総合情報サイトです。

Web業界未経験から挑戦!急成長中のインフィード広告に携わるWebデザイナー求人|株式会社モノクラム

ここ数年、SNSに流れる「インフィード広告」がにわかに注目を集めています。今回紹介する株式会社モノクラムは、Web広告トップシェアを誇るサイバーエージェントグループによって設立された、インフィード広告に特化したクリエイティブ集団。同社のインフィード広告制作デザイナーとして活躍する醍醐味やメリットについて紹介します。
 

この求人のポイント

  • 今注目の『インフィード広告』に精通したクリエイティブ集団
  • サイバーエージェントグループの「営業」「運用」「アドテク」組織との連携による、他社にはない強みがある
  • エディトリアル→Web&インフィード広告デザインにチェンジするメリット
  • ディレクターを兼務するデザイナーとして幅広く活躍できる
  • PDCAサイクルを主体的かつ高速で回すことでスピーディに成長できる
  • 「IoT」「AR」等最新テーマにマッチしたデザイン制作にも挑戦できる可能性

 

募集概要抜粋

推薦ポイント ・「紙媒体でデザイン経験があり、今後、Web業界に挑戦したい方」「今後Web業界で成長したい方」にとっては、大変お勧めのお仕事です。
・インフィード広告はWeb広告業界で急成長領域であり、実績を積むことでクリエイターとしての市場価値向上に繋がります。
・インターネット広告大手企業のため、大手企業商材に携わることができます。多数のユーザーの目に触れるデザインに
携わることができ、また効果も見えやすく、大変やりがいのあるお仕事です。
・通勤に便利な渋谷駅、服装はカジュアル可
業務内容 Web広告で今一番の急成長領域であるインフィード広告 (Facebook / Twitter / Yahoo! / LINE / Instagramなどの広告商品)における、クリエイティブ制作業務をお任せします。
応募条件 【必須条件】
・Photoshop、Illustratorが使用できる方
 ※目安として、紙/Webを問わず、デザイナー経験2年~4年(スキルにより考慮)
 
【歓迎】
・紙媒体における広告グラフィックデザイン経験がある方
・ダイレクトマーケティングにおけるクリエイティブ制作経験者
勤務地 東京都 渋谷区道玄坂1-16-3 渋谷センタープレイス 各線 渋谷駅 徒歩3~5分
就業時間 10:00~19:00
休憩時間: 就業時間内1時間
休暇・休日 土日祝日

 

 

企業プロフィール

株式会社モノクラム
サーバーエージェントグループとして、インフィード広告を中心としたクリエイティブ制作集団として2014年に設立。サイバーエージェントが持つ、国内トップシェアを誇るWeb広告ノウハウや実績をベースに、ここ数年で急速に市場拡大しているインフィード広告分野で、最先端の技術を導入しながら市場開拓に注力している。

メンバーインタビュー

八城 彰仁(やしろ・あきひと)2014年入社
クリエイティブグループ マネージャー

大学では美術(油画)を専攻。SEとして就職後、3年間活躍してから海外ボランティア活動に従事。帰国後、1年かけてWebデザインを学び2014年、デザイナーとしてモノクラムに入社。その後3カ月でディレクター、そして2015年9月からマネージャーに。


田内 沙紀(たうち・さき)2015年入社
チーフデザイナー

大学ではグラフィックデザインを専攻。アルバイトでもチラシやポップの制作をしていたが、就職先は大手通信会社の店舗スタッフ。そこでも店内POPの制作などを手がけるうちにデザインに再び興味がわき、地元の沖縄でモノクラムに入社。今年から東京に移り、チーフデザイナーとして活躍中。

■ 実務未経験&Webデザイン初挑戦で入社。1年目で「モンスターバナー」を創り出す!

沖縄出身の田内さんがモノクラム沖縄に入社したとき、デザインの実務経験やWeb領域の制作経験は一切なかったといいます。
「大学時代にIllustratorを学び、前職の通信キャリアショップ店員時代には、自作でポスターやPOPを作っていましたが、Photoshopを使った経験もなければ、Webのデザイン制作もわからない。そんな私だから『インフィード広告』といわれても何一つわからなかったのですが当時、早急に仕事をしなければならない事情もあり(笑)、モノクラムに入社しました」

その彼女が入社1年目にして、社内で「モンスターバナー」と呼ばれる“強烈な実績”を生み出しました。
通常広告の場合、初出稿から1週間程度で広告効果が落ちてしまう。
しかし田内さんが手掛けた化粧品バナーは、なんと1年間も効果が落ちなかったといいます。
なぜそれだけの効果を生み出せたのか?
その理由は、以下の3点に要約されます。

理由1:「インフィード広告」だからできる、スピーディな効果検証~ブラッシュアップ

広告掲載後、リアルタイムでユーザーの反応が数字となって把握できるインフィード広告の場合、その効果をすぐに検証して次の打ち手を考え、広告デザインや内容をブラッシュアップできます。だから入社間もない方でも、根拠のある豊富なデータを駆使することで、効果の高い広告デザイン制作ノウハウを短期に習得し、結果につなげることが可能となるのです。

理由2:デザイナーがディレクターを兼務することで、広告内容を企画~制作できる環境

モノクラムでは営業やプランナーだけでなく、デザイナー自身が率先して広告内容を企画提案し、制作できるチャンスがあります。つまり、ディレクターの役割も兼務しているのです。
特に田内さんが手掛けた化粧品バナーの場合、デザインの企画制作だけでなく「神ファンデ」というキャッチコピーも自ら考えることで、女性に受けいれやすいデザインを総合的にプロデュースしています。

理由3:田内さん本人の努力&これまでの経験を存分に発揮

田内さん自身は先述したように「デザイナー実務未経験」「Webデザイン制作の経験一切なし」でしたが入社後、まずPhotoshopを独学で学び、インフィード広告制作ノウハウを先輩社員から教えてもらうなどの努力をしました。
「うちの会社のメンバーは20代中心でチームワークもよく、困ったことがあればすぐ相談して、みんなで解決していこうとする風土があります。それはとても心強かったですし、だからこそ入社1年目でモンスターバナーを生み出せたと思っています」

さらに今では、これまでの経験を存分に業務で発揮しているといいます。
「学生時代から多彩なタッチによるイラストを作ることが得意だったので、私が担当する案件はもちろん、それ以外でもイラスト製作の依頼がよく来るんです。イラストを描くことは本当に楽しいし、それによって広告効果を高め、多くの人の役に立てることがうれしいですね」

このように「インフィード広告ならではの特性」「モノクラム独自の制作体制」「田内さん個人の努力&特性を活かす」ことによって、モンスターバナーは生み出されたのです。
 

 

■ 「サイバーエージェント×インフィード広告専門クリエイター集団」だからこそ、劇的なスピードでクリエイターとしての価値を高めるチャンスがある!

インフィード広告市場は今、急速な勢いで成長しています。
インフィード広告に特化したクリエイティブ集団であるモノクラムが設立された背景には、モノクラムが属するサイバーエージェントグループによる、インフィード広告市場の開拓強化や、同市場でいち早くトップシェア獲得を目指す明確な意思があるようです。

その上で「今、デザイナーとしてモノクラムで活躍するメリットは何ですか?」と尋ねたところ、マネージャーとしてモノクラムの制作領域全般を取り仕切る八城さんは『振り切る力』という言葉を口にしました。

「ネット広告トップシェアのサイバーエージェントグループには、最先端技術をいち早くキャッチアップし、人・モノ・金の総力を挙げて一気呵成に市場を開拓していく力や企業文化があります。
当然、ネット広告領域において今最も熱いインフィード広告市場でも、いち早くトップシェア獲得に向けてグループの総力を挙げて取り組んでいます。
この大きな力=振り切る力がモノクラムの強力な後ろ盾となって、デザイナーの活躍を支えているのです」

その一例として、同社では静止画のデザイン制作だけではなく、動画による制作チームを作ることで、インフィード広告の新たな可能性を見出そうとしています。
またデザイナー自身が「アイデアを企画~制作~効果検証~再企画」というPDCAサイクルをスピーディに回していくことができるので、極論「10浮かんだアイデアをすべて実践できる」チャンスがあるのです。

「エディトリアルデザインの場合、最終的に制作できるのは一つですが、インフィード広告デザインでは、矢継ぎ早に新しいアイデアをデザインに落とし込んで“試せる”ため、クリエイターとしての能力を短期間でスキルアップさせることができるんです」
その結果、クリエイターとしての価値を急速に高めていくことができるという、大きなメリットが得られるわけです。

 

■ ゆくゆくはサイバーエージェントグループ全体のクリエイティブ部門を担う!デザイナーとして飛躍する大きなチャンスがある

現在、インフィード広告に特化したデザイン制作を行うモノクラムですが近い将来、サイバーエージェントグループ全体のクリエイティブ制作を一手に担う企業を目指しているそうです。

そのため、デザイナーとして同社に入社して以降の活躍フィールドやキャリアパスに関して、豊富な選択肢が用意されている点も魅力となるはず。
例えば
・静止画だけでなく、動画の制作にも挑戦
・「IoT」「AR」「VR」など最新技術領域にマッチしたデザイン制作に挑戦
・国内だけでなく、海外向け広告のデザイン制作にも挑戦
・東京だけでなく、沖縄を拠点に活躍
といった可能性も十分考えられます。

最後に八城さんと田内さんから、改めてモノクラムで活躍する醍醐味や今後の目標について伺いました。

(八城)「会社と個人が共に楽しく仕事をしながら成長していくことができるのであれば、従来の常識や枠にとらわれず、どんどんチャレンジしていくことができる。それがモノクラムのデザイナーとして活躍する、一番の醍醐味ではないでしょうか。
また一般的にバナー広告のデザイン制作に対して『様々な制約がありつまらない』という声をよく聞きますが、それは大きな間違いです。確かに一つのバナー自体は小さく地味かもしれませんが、特にインフィード広告の場合は未成熟な領域である故、クリエイティブのやり方次第で爆発的なビジネス効果を創出したり、業界内外の多くの人の注目を集め、高く評価される可能性が無限に潜んでいます。
そこに魅力を感じる方は、ぜひ私たちと一緒に新しい可能性を切り拓いていきましょう」

(田内)「今後の目標としては、私のようにエディトリアルの領域しか知らない方や、実務未経験の方に対して、インフィード広告デザイナーとして活躍する醍醐味と、スピーディにキャリアアップできる道があることを広く伝えていきたいですね。
基本的なデザイン制作スキルがあり、もっと新しいジャンルを切り拓いてクリエイターとしての価値を高めていきたい意欲がある方なら、安心して成長し、活躍できる環境がモノクラムにはあります。
私自身、これからは入られる方と一緒に働くのを非常に楽しみにしていますし、大いに期待もしています」

 

 

この求人に関するお問い合わせ

株式会社クリーク・アンド・リバー社
担当/吉田
Tel:03-4550-6195
Mail:shokai2@hq.cri.co.jp

その他のおすすめ記事

関連記事