クリエイティブ業界の注目情報や求人情報などを発信する、クリエイターのための総合情報サイトです。

2日間で建築BIMの基礎を学ぶ【BIM講座(Autodesk Revit)】

平成28年度 文部科学省 委託事業 実証講座
「社会基盤分野における建設IT技術(BIM・CIM)に係る中核的専門 人材養成プログラム開発プロジェクト」
2日間で建築BIMを学ぶ【建築BIM講座(Autodesk Revit)】

BIM(ビム)[BuildingInformation Modeling (ビルディング インフォメーション モデリング)]とは、建物の3次元デジタルモデルに、コストや仕上げ、管理情報などの属性データを関連付けした建築物のデータベースによって、設計、施工から維持管理まであらゆる工程で情報活用する画期的なシステムです。
これからの建設分野の業務は建築情報のデータベース化を3次元モデルによる設計と一体的に進めることが求められており、建築業界で需要が急速に高まりつつあります。BIMのソフトウェアを習得することが、今後のキャリアを大きく左右すると言っても過言ではありません。

本講座ではCADのご経験がある方を対象に、BIMの概念から、Autodesk Revitの基本的な使い方から応用的な活用方法まで、初めて触れる方でも理解できるようご説明いたします。
新しい技術を先取りして、ぜひこれからのお仕事に役立ててください。

※本事業は、平成28年度 文部科学省 委託事業 実証講座「社会基盤分野の中核的専門人材養成プログラム開発プロジェクト」の一環として実施されています。
 

カリキュラム

Capter 1 :概論 ~BIM/Revitで何ができるか?
Capter 2 :Revitのインターフェースと基本操作
Capter 3 :演習: 基本モデリング/2LDK住戸の作成
Capter 4 :パースの作成/スマートハウス
Capter 5 :BIM/Revitをさらに使いこなそう
     ・Dynamo/Revitのパラメトリックデザイン
     ・フォトグラメトリ/ReCap360~クラウドによるフォトグラメトリ
     ・BIMからVRへ/RevitからUnityへのワークフロー
 

講師

新野 裕之 / Hiroyuki Niino
1969年神奈川県生まれ。1996年明治大学建築学科修了。設計事務所等勤務を経て1998年渡米。2000年ハーバード大学大学院建築学科(GSD)建築都市デザイン学部修了(Master of Architecture in Urban Design)。2000~03年ラファエルヴィニョーリアーキテクツ。2003年より現職、国内外のプロジェクトに参加する。大学等で設計教育にも携わる。2012年よりRevitを導入し、大型建築から住宅スケールまで意欲的にBIMでの設計に取り組む。新野裕之建築設計代表。
 

主催

学校法人片柳学園
 

本講座について

株式会社クリーク・アンド・リバー社は、文部科学省が推進する「社会基盤分野における建設IT技術(BIM・CIM)に係る中核的専門人材養成プログラム開発プロジェクト」事業を受託した学校法人片柳学園(東京都大田区、学園長・理事長:片柳 鴻)と連携し、オートデスクの協力の元、BIMに関する講座を開講することが決定いたしました。
文部科学省は平成23年度より、成長分野等の中核を担う専門人材の養成、職業教育の質の向上、多様な学習機会の充実を掲げ、「成長分野等における中核的専門人材養成の戦略的推進事業」を推進しています。今年度は76職域にわたるプロジェクトを採択。成長分野の一つでもある「社会基盤分野における建設IT技術(BIM・CIM)に係る中核的専門人材養成プログラム開発プロジェクト」事業を片柳学園に委託しました。当社は本講座において、カリキュラム作成、講座修了後の就業サポートを担当いたします。
 

用語について

■Revit
オートデスク社開発建築3次元CADソフトウェア。 BIM分野で利用されるBIMツール。

■Dynamo
設計者用のビジュアルプログラミング環境。Revit の要素とデータのジオメトリや動作を制御するロジックを視覚的に作成することができる。

■ReCap360
デジタルカメラなどを使用し、可能な範囲で対象物を上下左右、周囲 360 度撮影した複数の画像を利用して、3D モデルを作成するサービス。

■Unity
統合開発環境を内蔵し、複数のプラットホームに対応するゲームエンジン。最近では、建築パースにも使用する。

 

開催概要

日付・時間 以下の3日程から一つを選んでお申し込みください。
全2日間15時間
 
A日程 ※締め切りました。
(1)2016年10月22日(土)10:00~18:00
(2)2016年10月23日(日)10:00~18:00
 
B日程 ※締め切りました。
(1)2016年10月30日(日)9:30~17:30
(2)2016年11月6日(日)9:30~17:30
 
C日程 ※締め切りました。
(1)2016年11月19日(土)9:30~17:30
(2)2016年11月26日(土)9:30~17:30
 
D日程 
(1)2016年12月11日(日)9:30~17:30
(2)2016年12月17日(土)9:30~17:30
※応募者多数の場合は抽選となります
場所 A日程
日本工学院専門学校(蒲田キャンパス)
住所 〒144-8655 東京都大田区西蒲田5-23-22
交通 JR京浜東北線、東急池上線、東急多摩川線「蒲田駅」
蒲田駅西口より徒歩2分
http://www.neec.ac.jp/kamata/access/
 
B・C・D日程
日本工学院八王子専門学校(八王子キャンパス)
住所 東京都八王子市片倉町1404-1 
交通 JR中央線 八王子駅南口より 本校スクールバス
JR横浜線 八王子みなみ野駅より 本校スクールバス
http://www.neec.ac.jp/hachioji/access
参加料 無料
対象 CADの経験がありBIMに興味がある方
定員 各回40名





お問い合わせ

株式会社クリーク・アンド・リバー社 
メールアドレス:info@c-place.ne.jp (担当 神田)

関連記事