クリエイティブ業界の注目情報や求人情報などを発信する、クリエイターのための総合情報サイトです。

デジタル作画アカデミー 最先端のデジタル作画を学べる社会人向けのオープンカリキュラム開催!

アニメ業界で働く方やアニメの仕事をめざす学生を対象とした、デジタル作画の技術情報を学ぶ短期スキルアップ講座です。

クリーク・アンド・リバー社では、代々木アニメーション学院と協力しアニメーション業界の画期的な制作環境として注目される「デジタル作画」を短期集中で学べるオープンカリキュラムを開講しています。完全無料で受講可能です。
「デジタル作画」に興味があるけれど学ぶ機会がなかった方や、すでに様々なツールで制作されている方などが対象の講座です。

今回は「TVPaint」について、デジタル作画で何本もの仕事をこなしてきたアニメーター・川野達朗氏をお迎えし、その使い勝手を直にお聞きします。
今回で3回目の開講となりますが、初めての方でも受講できる内容です。

クリーク・アンド・リバー社では、新たにデジタル作画スタジオの開設を予定しています。
この講座は、新しいアニメの制作環境を模索する仲間達を集める場所でもあります。
たくさんの方にこの講座に参加してもらい、ひとりでも多く一緒にアニメを作る仲間になって欲しいと思っています。

講師紹介

川野 達朗氏(アニメーター)
大学在学中、自主制作アニメ「フミコの告白」でキャラクターデザイン・作画を担当。卒業制作で作ったアニメ「LOUD HOUSE」で注目を集める。
卒業後、ガイナックスへ入社し、「めだかボックス」にて第二原画・動画デビューを果たす。
フリーに転身後は、デジタル作画の知識を活かした激しいアクションで魅せている。

代表作
夜桜四重奏(原画・作画監督)
古の女神と宝石の射手・PV(キャラクターデザイン・作画監督)
甲鉄城のカバネリ(原画・アクション作画監督)
ほか

石川 学(アニメーションプロデューサー)
アニメーションプロデューサーとして「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」「サイコパス2」
「夜桜四重奏」などを世に送り出す。
自身でもシリーズ構成、脚本を手がける。
2014年にクリーク・アンド・リバー社に入社し、現在はデジタル作画スタジオの立ち上げに奮闘。

山下 清悟(クリエイティブディレクター)
FLASHをもちいたデジタル作画が特徴であり、自ら撮影や仕上げなどまでこなすマルチさも持ち合わせるアニメーター。
また、自身のガイドとしてロトスコープといった手法を率先して用いる。
クリーク・アンド・リバー社ではクリエイティブディレクターとしてデジタル作画スタジオの立ち上げに参画。

田川浩充(株式会社クリーク・アンド・リバー社/セクションマネージャー)
商社系IT企業等を経て2012年にクリーク・アンド・リバー社入社。
2015年よりシナリオ・アニメ事業を石川学、武田正憲とともに立ち上げ、現在は主に事業統括・事業企画を担当。

応募について

応募資格
  • 社会人としてアニメ業界での勤務経験者(1年以上)※職種不問
  • 代々木アニメーション学院に在学の方は本講義を特別に受講できます。
    詳しくは代々木アニメーション学院各校にお問い合わせください。
内容 <第3回概要> 
日時:2016年12月10日(土)  14:45~17:30(開場14:30)
 
14:45~
「TVPaintについて」
TVPaint Developpement日本法人担当者
 
15:00~
第1部「作画ソフト・TVPaintの長所と短所!」
川野 達朗氏
山下 清悟
石川 学
 
16:15~
クリエイター・エージェンシーについて
 
16:30~
第2部「作画ソフト・TVPaintの長所と短所!」
川野 達朗氏
山下 清悟
石川 学
 
17:30
講義終了
参加費 無料
定員 20名
※応募者多数の場合は抽選となります。
会場 株式会社クリーク・アンド・リバー社麹町制作ルーム セミナールーム
〒102-0082 東京都千代田区一番町8番地 住友不動産一番町ビル5F
地図はこちら
※これまでとは会場が異なりますのでご注意ください。


受講お申込みはこちら

お問い合わせ

株式会社クリーク・アンド・リバー社 
担当:田川
電話:03-4570-7087
メールアドレス:shinajuku@hq.cri.co.jp

関連記事