クリエイティブ業界の注目情報や求人情報などを発信する、クリエイターのための総合情報サイトです。
20150528

ディズニー最新作『トゥモローランド』とスピルバーグ『未知との遭遇』に共通点

20150528

ディズニー映画最新作『トゥモローランド』 (C) 2015 Disney Enterprise,inc. All Rights Reserved.

ディズニー映画最新作『トゥモローランド』が、6月6日に全国公開となる。実は本作は、あのスピルバーグ監督作『未知との遭遇』と意外な繋がりがあるという。

映画『トゥモローランド』は、映画やアニメーションだけでなく、世界中に数多くのテーマパークを造り、多くのゲストを迎え夢と魔法を届けてきたウォルト・ディズニーの夢の結晶ともいえる、すべてが可能になる理想の地”トゥモローランド”を巡る物語だ。

一方『未知との遭遇』は、世界各地でUFOに遭遇する事件が多発し、主人公のロイは不可思議な機械の誤作動を起こす飛行物体を見つける。それが放つ閃光を浴びてから、取り憑かれたようにUFOの目撃情報を集めだす。

ロイは<飛行物体>という”この世のものとは思えないもの”を見たことによって、それが何なのか徹底的に調べ始める。本作でも未来を諦めない少女ケイシーが<謎のピンバッジ>に触れることで”すべてが可能になる世界”を見つけ、この世界に行くための冒険へ出発する。

それについて監督を務めたブラッド・バードは「ケイシーはあるビジョンを植え付けられ、そのビジョンを追求するんだ。この映画はそこから始まる。彼女は自分に見えたものが本当なのか定かではないんだけど、それについてもっと知りたいと思っているんだよ」と語っている。

また『未知との遭遇』のロイは<飛行物体>を見たことによって、自分の置かれていた状況が一変する。会社からリストラされ、妻と子供を見放し、どんどん社会から外れた人間になっていく。わくわくするものを見た故に孤独な状況に追い込まれていく主人公は、本作のジョージ・クルーニー演じるフランクも同じだ。

「若い頃のフランクは地球上で一番素晴らしいと自分が思っているところへ行き、そうすることで世界はずっと良いものになると信じていた。でもそれが事実に反することだと知って、おそらく人間がこれ以上シニカルにはなれないほど、シニカルな男になってしまったんだ」とジョージは話している。フランクも<トゥモローランド>に行ったことで、それまでの人生が一変し、それによって社会との関わりを経ち、孤独な人生を送っている。

<孤独な状況で生きる主人公>はまさに『未知との遭遇』との共通している部分である。しかし本作では、フランクがケイシーと出会うことで今まで孤独に過ごしてきた状況にも変化が起き、大冒険に巻き込まれていく。

脚本を担当したデイモン・リンデロフは本作のストーリーを考えているとき、「ブラッド(・バード監督)とこの映画を作るときによく話題にしていたのが、スティーブン・スピルバーグの『未知との遭遇』だったんだ。僕らの一番好きな映画のひとつだよ。」と述べた。

『未知との遭遇』が『トゥモローランド』のストーリーに影響を与えていたことは間違いなさそうだ。

映画『トゥモローランド』は6月6日(土)より全国ロードショー。

《non》

(2015年05月28日 RBB TODAY)

関連記事