クリエイティブ業界の注目情報や求人情報などを発信する、クリエイターのための総合情報サイトです。
news_general_header

押井守監督が新たに実写映画「東京無国籍少女」7月25日公開決定

20150501

押井守監督が新たに実写映画
「東京無国籍少女」7月25日公開決定

これまで数々の傑作アニメ作品を手掛け、世界的に評価を得ている押井守監督。アニメ作品のみならず、実写映画の世界においても独自の視点から様々な挑戦を試みている。そんな監督の最新実写映画『東京無国籍少女』の公開がこの程発表された。

作品の舞台となるのは、とある女子美術高等専門学校。かつて周囲から天才ともてはやされていたが、今は心に深い傷を抱えている少女の藍がヒロインだ。 藍は彼女を利用しようとする大人や、同級生からの嫉妬などに囲まれ、逃げ場のない学園生活を送っている。やがて少女の日常は音を立てて崩れ始める…。

主役の少女、藍を演じるのは園子温監督の映画『TOKYO TRIBE』で注目を集め、本作が初の主演作品となる清野菜名である。著名な監督に立て続けに抜擢された彼女について、監督の押井守は「ときおり放つ冴えた殺気が魅力的でした。精神的にもタフな役柄ですし、テンションの維持が大変だったと思いますがよくその負託に耐えたと思います。銃器や刃物を持たせても違和感のない、貴重な女優でしょう。」と絶賛する。
「そろそろ自分自身で設けてきた枠を外そうと考えていた」と押井が語るように、これまで監督が避けてきた 凄惨な暴力や性的な描写を今作では解禁した。特に、CGIの使用を最低限に抑え、役者の身体表現を最大限に活かしたクライマックスは、「アニメの専売特許を実写でも可能だと信じて制作した」と語る、押井守の新たな挑戦だ。

そんな今作について、主演の清野菜名は「 今回は表情で表現することが殆どで、意思は強いんだけど、どこか切ない。反比例する感情が多かったので 台詞がないのもすごく難しいなと思いました。」と語る。彼女にとっても挑戦と言える撮影になった様だ。
公開決定に併せて配信開始となった予告編で「絶対に予想できない」と語る衝撃のラスト15分の展開を、是非劇場で見届けたい。

『東京無国籍少女』
2015年7月25日(土)より新宿バルト9ほか全国ロードショー
http://mukokuseki-movie.com/

監督: 押井守
出演: 清野菜名 金子ノブアキ/田中日奈子 吉永アユリ 花影香音/りりィ 本田博太郎

《相馬 亨》

(2015年05月01日 RBB TODAY)

関連記事