クリエイティブ業界の注目情報や求人情報などを発信する、クリエイターのための総合情報サイトです。
news_general_header4

鬼才・園子温を376日にわたり追い続けた大島新監督が語る、TVドキュメンタリーと映画ドキュメンタリーの違いとは?

構想25年を経て結実したモノクロームのSF作品である監督最新作『ひそひそ星』の公開を控える鬼才・園子温。その生態に迫るべく、376日にわたって彼を追い続けたドキュメンタリー映画『園子温という生きもの』が、5月14日より新宿シネマカリテほかにて公開されます。

本作では、2014年にMBS「情熱大陸 映画監督・園子温」を手掛けたドキュメンタリー映像作家・大島新が、テレビには収まりきらない規格外の園子温の魅力を描きたいという想いで、放送後の2014年9月から一年にわたって撮影を敢行。撮影現場での姿のみならず、自身の考える“表現”論、映画という枠を飛び越えた多岐にわたる活動をつぶさに捉えたものになっています。

本作の公開を控え、メガホンを取った大島新監督が、日本大学芸術学部で特別講義を行いました。世界的鬼才のありのままの姿を収めた本作は学生達の大きな刺激になるとして、『園子温という生きもの』上映付きの講義が決定。映画学科の学生を相手に講義とQ&Aを行いました。

0422_1

上映を終え、壇上に上がった大島新監督は、開口一番「この映画は若い人、特に表現者を志している人に誰よりも観てほしいと思っているので、こういう機会を持てたことをすごく嬉しく思います」と、この機会を切望していた様子。
鳥山正晴教授(日本大学芸術学部)が「園子温はすごく破天荒で自由な人という印象がありますが、映画を観ると、この時代にこういう生き様だと息苦しいんじゃないか、生き辛いんじゃないかと感じました。園さんを1年間取材してみて、彼に対する考え方が変わったことはありますか?」と切り出すと、大島監督は「撮っているうちに徐々に距離も縮まって印象が変わったということはあります。でも、つかみどころのない人で、多面体のような人でもあります」と返し、鳥山教授の“生き辛さ”という感想を受けて「人物ドキュメンタリーって、観ている人の世代とか生きている立場によって感想が全く変わってくるんです。でも、色んな感想が出てくるところが映画の豊かさだと思います」とコメント。そして「この映画を観終わった人の感想で“園子温という人物がますます分からなくなった”というものがあるんですが、それこそが園さんという人物を表しているような気がします」と分析しました。

0422_2大島監督は長年TVドキュメンタリーの分野で活躍していますが、TVドキュメンタリーと映画ドキュメンタリーの違いについて「見せ方が全く違ってきます。映画は映画館に座ってもらえたらよほどのことがない限り最後まで観てもらえるけれど、TVはいつチャンネルを変えられるか分からないことを常に念頭に置く必要がある。だから、飽きさせないために情報を途切らせないとかナレーションといった“お作法”のようなものがあります。今回はそこから解放されて、嬉しかったのと面白かった半面難しさもありました」と説明。
大島監督は、一度「情熱大陸」で園監督を被写体にしており、その後ドキュメンタリー映画として改めて撮影し直しているが、そのことについて「大抵は1度撮って完結というか自分でも満足することが多いですが、園さんに関しては“被写体としてTVサイズではない”“この人はもっと面白いだろうな”と思ったんです。そして、「情熱大陸」の時はメジャー系の作品を監督している時期で、それは園子温本来の居場所ではないんだろうと感じていました。撮影の終わり頃に、自主映画として『ひそひそ星』という作品を次に撮ることを知って、それを追ってみたいと思って、放送終了の挨拶と合わせて改めて打診をしたんです」と、本作製作の経緯を明かしました。

本作は97分であることに対して、実際カメラを回した素材は170時間にも及んだといい、大島監督の話に真剣に耳を傾けたり、メモを取っていた学生達からもこの数字が上がったところで思わずどよめきが起きました。
本作を通じて観客に感じてほしいことについて「自由に生きて自由に表現をするということについて。それは素晴らしいと思う一方なかなか簡単なことではないんです。園さんとお付き合いしていると、これだけ自由に、好きなことをやり続けていることの凄さを感じるんです。僕も表現する人間のひとりとして勇気とか力をもらいながら制作していました」と語りました。
最後に、本作を観たという被写体・園子温は「正視できない。俺が(人に見られるのが)イヤなシーンばっかり人が面白がるんだよ」と語ったと明かすと教室からは大きな笑いが。大島監督は「経験上、被写体が手放しで喜ぶものは観客にとっては力がなかったりするんです。それは被写体にとってイヤなものが映っていないことだと思うので、今回の園さんの感想は褒め言葉として受け止めようと思います」と締めくくりました。

0422_3

■作品情報
『園子温という生きもの』

5月14日(土)新宿シネマカリテほかにてロードショー
園子温監督作品『ひそひそ星』と同時期ロードショー

監督:大島新
出演:園子温 染谷将太 二階堂ふみ 田野邉尚人 安岡卓治 エリイ(Chim↑Pom) 神楽坂恵
企画・製作:ネツゲン 日活
制作プロダクション:ネツゲン
配給:日活  宣伝:ミラクルヴォイス
http://sonosion-ikimono.jp/

(2016年4月22日 CREATIVE VILLAGE編集部)

ドキュメンタリー関連記事

関連記事