クリエイティブ業界の注目情報や求人情報などを発信する、クリエイターのための総合情報サイトです。

「パックマン」の生みの親、岩谷徹氏のゲーム業界就職のきっかけは“ピンボール”!?伝説のクリエイター3名の特別インタビューを公開!

80年代のゲームキャラがピコピコ地球を襲撃するSFバトルアクション『ピクセル』(現在、デジタルセル&レンタルが先行配信中)
2月3日(水)のブルーレイ&DVD発売に先駆け、プレミアム・エディションの日本限定特典ディスクに収録される映像が、一部公開されました。それは、「ギャラガ」「パックマン」「スペースインベーダー」の生みの親である伝説のクリエイター3名の特別インタビュー。

news

このインタビューでは、ゲーム業界に入ったきっかけやゲームの誕生秘話が語られています。
学生時代に流行っていたボウリングの待ち時間に、ゲームセンターで「ピンボール」をよくプレイしていたと語る岩谷徹氏は、「“ピンボール”を作りたくて当時のナムコに入社したが、実際に入ってみると“ピンボール”を作っていないという事実がはっきりした(笑)。今みたいにネットが無かったので、会社の情報がよくわからなかった」と、意外なナムコ入社のきっかけを明かしています。

そして、印象に残っているゲームについて聞かれると、「ギャラガ」の生みの親である横山茂氏は「やっぱり“スペースインベーダー”ですね。学生の頃、徹夜でプレイしていた。その後、ナムコに入社したら社内で“スペースインベーダー”が一番上手くて、それがきっかけで(“ギャラガ”の)企画をやることになった。だから“スペースインベーダー”がなかったら、“ギャラガ”を作ることもなかったと思う」とコメント。

また、その「スペースインベーダ―」を開発した西角知宏氏は、ゲーム開発で心がけていたことを聞かれると「当時、日本より技術的に数段上だったアメリカに負けないようなゲームを作ろうと思い、必死にアメリカのゲームを手本にしていた」と、“ギャラガ”に影響を与えた「スペースインベーダー」開発に至るまでの秘話を明かしています。

●『ピクセル』ブルーレイ プレミアム・エディション 収録特別インタビュー映像

『ピクセル』のブルーレイプレミアム・エディションには、本特典映像のほか、この3名の座談会映像や本作品ならではの特殊効果解説などが収録されており、貴重な映像が満載です。また、映画業界初の試みとして特製VRゴーグルの封入が決定しており、ゲームの世界にトリップし、二次元の世界をリアルに体験することができます。

●『ピクセル』
2016年2月3日(水)ブルーレイ&DVD発売、同時レンタル開始
デジタルセル先行配信中
s_※優先※『ピクセル』ブルーレイ プレミアム・エディション【初回生産限定】_展開図

■ブルーレイ プレミアム・エディション【初回生産限定】 6,800円+税
■IN 3D【初回生産限定】 5,695円+税
■【初回生産限定】 ブルーレイ  4,743円+税
■【初回生産限定】 DVD 3,800円+税

発売元・販売元:(株)ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

(c) 2015 Columbia Pictures Industries, Inc. , LSC Film Corporation and China Film Co., Ltd. All Rights Reserved.

●『ピクセル』オフィシャルサイト
http://bd-dvd.sonypictures.jp/pixel/

(2016年2月2日 CREATIVE VILLAGE編集部)

関連記事